「証券取引所に仮想通貨市場を設置へ」 露金融政策立案者が見解

証券取引所に仮想通貨市場

ロシア連邦下院の金融政策立案者が、モスクワ証券取引所(MOEX)内に暗号資産(仮想通貨)取引市場を設置することに前向きな見解を示したことが分かった。

ロシア非政府系通信社Interfaxが伝えた内容によると、ロシア下院の金融市場委員会のAnatoly Aksakov(アナトリー・アクサーコフ)委員長が7月7日の記者会見で以下のように語った。

MOEXは中央銀行と積極的に連携することに慣れている。そして、仮想通貨を含む業務を遂行することに対処する上で、何処よりも優れているだろう。

ロシア連邦下院の金融市場委員会は、同国の仮想通貨政策を積極的に進めてきた。6月末には仮想通貨の発行者に付加価値税(VAT)を免除する内容を含む法案を承認したばかり。デジタル資産からの課税所得に対して、ロシア企業に13%、外国企業には15%の税率を設定した。

関連:露下院、デジタル資産発行者に付加価値税免除の法案を承認

ロシアと仮想通貨規制

なお、同国では仮想通貨を禁止したい中銀と、規制することで許可したい政府とで意見が相違している状況だ。

ロシア財務省は仮想通貨を取り巻く規制の明確化に取り組んでおり、取引や発行手続き、市場参加者の活動の定義などを盛り込んだ包括的な法案を4月にロシア政府に提出したばかり。

草案では、取引所運営会社に対し、資本金や組織体制、報告書の作成、内部統制・監査等、厳格な要件が設けられた。マネロン・テロ資金供与対策(AML/CFT)のためにも、政府としては仮想通貨事業者を監督したいねらいがある。

ウクライナへの軍事侵攻で欧米諸国から経済制裁を受けたロシアは3月、ロシア国内からの米ドル資産の引き出しを一時的に制限する大統領令を出してもいる。

関連:ロシア政府が海外企業による1万ドル以上の外貨引き出し制限へ、資産売却阻止か

一方、ロシア中央銀行は、仮想通貨の普及がロシア国民の福利や金融システムの安定性に重大な脅威をもたらし、犯罪行為を助長すると否定的な態度だ。1月には、法改正を通じて同国内での仮想通貨の使用及びマイニングの禁止案を提出するも、プーチン大統領の介入を受けて踏み止まった経緯がある。

なお、現在、ロシアで仮想通貨取引は合法とされているが、商品やサービスの決済に用いることは禁止されている。2月に資産デジタル化プラットフォームAtomize Russiaが、ロシア中央銀行からデジタル金融資産を管理するライセンスを同行で初めて取得していた。

関連:ロシアの政府と中銀、仮想通貨規制案の合意に至らず

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します