スイス郵便局、仮想通貨取引提供を計画=報道

銀行部門が仮想通貨取引提供を計画

スイス国営郵便事業会社スイスポストは、その銀行部門PostFinanceで、2024年からビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)を取引、保有できるようにする計画だ。swissinfo.chが11日に報じた。

PostFinanceのリテールバンキング責任者Sandra Lienhart氏は、次のように述べている。

私たちの顧客は、当社を通じて仮想通貨市場に直接アクセスすることを望んでいる。

過去1年半の間に、仮想通貨の制度化が進んでいることを考えると、今が市場に参入する絶好の機会だ。

現在は仮想通貨市場が停滞している状況だが、その中でも顧客からの投資ニーズがあると示唆した格好だ。

PostFinanceはすでに、デジタルアプリ「YuhExternal link」を通じて、顧客に仮想通貨へのエクスポージャーを提供しているところだ。ビットコインを含む13銘柄の仮想通貨に対応しており、ユーザーは、支払いや貯蓄、投資などを行うことができる。

しかしこのサービスは、2017年にスイスの銀行として初めて個人顧客向けの仮想通貨取引を提供開始したスイスクオート(Swissquote)との提携によるところが多かった。今回は、PostFinanceによる独立した取引・カストディサービスを立ち上げる計画である。

swissinfo.chによると、スイスクオートの、仮想通貨取引サービスからの収益は、2021年に約142億円(1億200万スイスフラン)に達しており、仮想通貨事業が大きな利益を生む可能性を示しているという。

NFTの郵便切手を発行済

スイスポストは、2021年11月に「スイス・クリプト切手」と呼ばれるNFT(非代替性トークン)商品の第一弾も発行している。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

青色の背景にマッターホルンと月が描かれたもので、額面は8.9フラン。所有者は、他の切手と同じように郵便物に貼って利用可能だ。同時に、すべてのクリプト切手には、デジタル画像(NFT)も付属しており、切手の横に印刷されているQRコードを読み取ると、購入したデジタル切手をオンラインで見ることができる仕組みである。

デジタル形式の切手は13種類のデザインで構成されており、一般的なデザインは65,000枚あるが、希少なデザインになるとわずか50枚のみ存在する。QRコードを読み取るまで、どのようなデザインのデジタル切手が付属しているかは分からない。

クリプト切手は、ポリゴン(MATIC)のブロックチェーン上で保存され、オンラインで収集、交換、取引することが可能だ。

今年8月にはクリプト切手第二弾の発売が予定されている。第二弾ではロカルノ映画祭とコラボレーションし、スイスの若手映像作家が制作した動画をNFT化したものになる。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します