CoinPostで今最も読まれています

米オンライン証券会社「M1ファイナンス」、仮想通貨対応を表明

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

M1 Financeが仮想通貨を統合へ

オンライン証券口座とロボアドバイザーを提供するM1 Financeは11日、暗号資産(仮想通貨)の投資機能をサービスに追加する計画を発表した。早ければ数週間以内に実装される見込み。

既にM1ユーザーはアカウント上で仮想通貨のポートフォリオ・シミュレーションを設計可能になっており、本格的な取引機能は数週間以内に開始される。

2015年に設立されたM1FinanceLLCは、SEC(米証券取引委員会)登録済みのブローカーディーラーとして運用資産6,500億円(50億ドル)を超える。21年7月には、ソフトバンク主導のシリーズEで、14.5億ドルの評価額で1億5,000万ドルを調達していた。

同社は株式や上場投資信託(ETF)の手数料無料取引が可能な証券口座を提供するが、主に長期投資家をターゲットとしており、退職金口座や貯蓄口座、融資サービスも備える。オプション取引など投機的な側面をカバーするRobinhoodと差別化されている。

M1 Financeは当初、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など、主要な仮想通貨を中心に10種類をサポート。ユーザーはポートフォリオを作成して、カスタムパイチャートを構築したり、「DeFi」、「Web3」、「メジャー通貨」などの戦略に応じたチャートを形成できる。

取引が開始されると実際に資金が割り振られる、設定した資産割合を維持するように自動売買が行われる。

関連:米コインベース、欧州進出の強化方針を明かす

最も要望の多い資産

M1 Financeは、現金や証券の貸し出し、PFOF(ペイメント・フォー・オーダーフロー)等から収益を得るが、「仮想通貨は貸し出したり、担保に入れる予定はない」という。顧客の仮想通貨はシカゴのカストディ事業者Apex Crypto LLCで保持される。

M1のBrian Barnes最高経営責任者(CEO)は、アンケート調査に回答したユーザーの約半数がM1での仮想通貨投資を希望したと言い、「最も要望の多い資産」だと語った。『米国人の20%以上が仮想通貨に投資、取引、または使用したことがある』、と結論づけるNBC Newsの世論調査を引用して、Barnes氏は以下のように述べている。

当社は、ユーザーに仮想通貨をトレードさせたいのではない。彼らが望む資産クラスへのアクセスを開放する。仮想通貨がより意味のある要素になると信じているなら、十分な調整後に購入すれば良い。

関連:米コインベース、最も保有する仮想通貨は

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
08:00
ウィンクルボス兄弟出資の英サッカークラブ、7億円相当のビットコインを購入
ビットコイン億万長者のウィンクルボス兄弟が設立した投資会社ウィンクルボス・キャピタルは4月に、レアル・ベッドフォードに7億円を投資している。
07:35
トランプ氏再選でビットコインが米国準備金に? 専門家の見解
米政府が仮想通貨ビットコインを準備金にすることは不可能ではないとDAIMのCEOが発言。この政策は共和党のDonald Trump氏が今週のイベントで発表するとの憶測が広まっている。
07:00
仮想通貨取引所Gate、日本国内向けのサービス提供終了
海外の仮想通貨取引所Gateは22日に日本の金融規制を遵守するために、日本国内向けのサービスを終了することを発表した。
06:30
米政府、6.26億円相当のビットコインをコインベースへ送金
米政府は未だ2.27兆円の価値に相当する21.3万 BTCの仮想通貨ビットコインを保管している。
06:00
米SECがイーサリアム現物ETFを最終承認、取引は23日より開始へ
SECは各仮想通貨イーサリアム現物ETF銘柄への最終承認(S-1登録)を行い、正式にゴーサインを出している。
05:45
東証上場メタプラネット、2億円相当の仮想通貨ビットコイン買い増し 
ビットコインが週末に上昇したことや買い増しを続けていることが好感されメタプラネットの株価は月曜日に19.31%上昇した。
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア