CoinPostで今最も読まれています

米サークル社、ステーブルコイン政策の基本原則を発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

実体験に基づいた政策策定を提案

米サークル社(Circle)は18日、法制化の議論が高まるステーブルコインについて、政策立案のための19の基本原則を提示した。執筆したのは同社のDante Disparte最高戦略責任者。2019年からステーブルコイン「USDC」の発行と運営をおこなってきたサークル社の「実体験を反映」したものだと主張している。

Disparte氏によると、現在7兆4,600億円(540億ドル)超のUSDCが流通しており、これまでに5兆ドル以上のオンチェーン取引を支えてきた。USDCは190カ国以上で利用可能なグローバルネットワークが築かれており、「インターネットのネイティブ仕様として、ドル建の支払い機能を確立している」と主張した。

ステーブルコインとは

ステーブルコインは暗号資産の一種で、BTCやETH、XRPなど変動性のある資産とは異なり、米ドル等に裏付けられその価値($1)を保つことが目的だ。米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、DAIなどアルゴリズムを利用するステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

基本原則の内容

ステーブルコインの基本原則について、Disparte氏はプライバシーに関する懸念や銀行とノンバンク間の「公平な競争の場」、中央銀行デジタル通貨(CBDC)とステーブルコインの共存可能性、官民連携と規制の明確化の必要性を強調した。

銀行以外の機関(ノンバンク)がステーブルコインを発行することの意義について、同氏は次のように総括した。

銀行とノンバンクによるドル建てデジタル通貨の発行を維持することは、金融システムにおいて、競争、公平な競争条件、ルールに基づく機能向上を促進する。銀行のようなリスクは、資産負債管理、運用・企業リスク管理への配慮を含め、規模に応じた銀行の等級レベルで対処すべきである。

サークル社が、同社を含むノンバンクによるステーブルコイン発行の重要性を主張する背景には、米財務省がステーブルコイン発行者は「保険付き預金取扱機関」、つまり銀行と同じ基準に従うべきであると勧告した経緯がある。大統領の金融市場ワーキンググループが、昨年11月の報告書で発表していた。

Disparte氏は、規制されたステーブルコインの相互運用性や代替性、普遍的な交換を促進することが、競争を促し、参入障壁を下げることで、市場における選択肢を増やすことが可能だと主張した。

米ドルの優位性の確保

デジタル通貨はすでにインターネット上の交換媒体として、世界的に採用されていることから、インターネットの通貨をめぐる競争は「地政学かつ地理経済上の問題」として拡大していると Disparte氏は指摘している。

すでに明らかになったステーブルコインのリスクに対処すると同時に、米ドルがインターネット上の主要なデジタル通貨として存続するような明確な規制の確立が、米国のリーダーシップと経済的な競争力を強化するとした。

そのためには、国内の規制や政策の枠組みを一致させることが重要であると主張。そうすることで雇用を創出し、米国経済の競争力を高め、ひいては「グローバルな不整合性」を回避することにつながるとした。これは、欧州の包括的仮想通貨規制(MiCA)成立を見据え、ステーブルコインの基準を世界レベルで統一することに向けた発言だ。

米国議会では

米下院金融サービス委員会の上級メンバーであるJim Himes議員(民主党)は、ステーブルコイン規制法案について、規制当局の勧告通りではなく、発行者を銀行に限定しない方向となる見込みだと、仮想通貨メディアCoindeskに語った。

Himes氏によると、 Maxine Waters委員長とPatrick McHenry議員が、ステーブルコインに限定した法案に取り組んでいるが、「二種類以上の発行者」に「準備金の基準」を設定する見込みだという。

Janet Yellen財務長官は5月、テラUSDのディペッグ騒動に言及し、金融安定性や決済システム、市場の完全性への影響等のリスクから、ステーブルコイン規制を2022年末までに法制化すべきだと主張。連邦準備制度理事会(FRB)はステーブルコインの兌換リスクを警告していたが、6月に発表した金融政策報告書で、ステーブルコインの金融安定性に対するリスクを指摘しており、米国におけるステーブルコイン規制の機運が高まっている。

関連:米イエレン財務長官「ステーブルコインの規制は22年末までに法制化すべき」

関連:米FRB、ステーブルコインを金融安定性へのリスクとして言及

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧