中央アフリカ、「サンゴ・コイン」販売開始

販売開始

中央アフリカ共和国(CAR)は、独自の仮想通貨「サンゴ・コイン」を25日より販売開始している。

ジェネシスのパブリック販売数は2億サンゴ・コイン(Sango Coin)。最初の単価は0.1ドルで、リスティング価格は0.45ドルと設定されている。

執筆時は2億サンゴ・コインのうち、約5.45%のトークンが買われている。CARは一年間の販売を通して、10億ドルを調達する計画だ。

販売方法については、投資家はビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、USDT、USDCなどの銘柄を最低100ドル分を用意し、イーサリアムもしくはバイナンス・スマート・チェーンのネットワークを通じて送金することになる。

また、サンゴ・コインを購入した投資家には、一年間のトークンロックアップ時期が科せられるという。

出典:sango.org/#coin

サンゴ・コインとは、同政府が5月に発表した同国の仮想通貨イニシアチブ「サンゴ・プロジェクト」(Sango Project)の一環で、民間投資による仮想通貨基盤の経済を構築する上で役立てられ、同国が展開予定のメタバースプロジェクトでも活用される見込みだ。

また、サンゴ・コインは同政府が開発する「Sango」というビットコインのサイドチェーンでローンチされる。

関連中央アフリカ、ビットコインのサイドチェーン立ち上げへ

公式サイトによると、サンゴ・コインはビットコインに支えられることになる。同国がビットコイン(BTC)の準備金を用意するとも記されている。

関連中央アフリカ共和国のサンゴ・プロジェクトとは

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します