CoinPostで今最も読まれています

ランサムウェア攻撃数が世界的に減少 仮想通貨価格低迷も一因か

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ランサムウェア攻撃が減少した理由

米国のサイバーセキュリティ企業SonicWallは26日、サイバー犯罪についての2022年中間レポートを発表。2022年上半期にランサムウェアによる攻撃数が世界的に減少傾向にあるとしており、その理由の一つとして暗号資産(仮想通貨)価格の低迷を挙げた。

ランサムウェアとは

ハッキングを仕掛けたうえで、元の状態に戻すことを引き換えに金銭を要求するマルウェアのこと。「身代金要求型マルウェア」とも呼ばれる。感染すると、他人の重要文書や写真ファイルを勝手に暗号化したり、PCをロックして使用を制限した上で、金銭を要求してくる。

▶️仮想通貨用語集

レポートによると、2022年上半期に発生したランサムウェア攻撃は2億3,610万件で、前年同期比で23%減少していた。

SonicWallの広報担当者はコインポストの提携メディアThe Blockに対し、次のように説明した。

2022年前半は変数が多すぎるため、仮想通貨価格とランサムウェア攻撃の間に、直接的な相関関係を示すことはできない。しかし、長年にわたり、ビットコイン(BTC)のような人気のある仮想通貨の値動きは、しばしばランサムウェア攻撃数が変動する際の初期指標として機能している。

ランサムウェア攻撃ではしばしば、サイバー犯罪者が身代金を仮想通貨で受け取ることも知られている。

レポートによると、四半期ごとのランサムウェア攻撃数は、2021年第2四半期(4-6月)に1億8,890万件でピークに達していた。21年5月には米国最大の燃料パイプラインを提供するコロニアルパイプライン社がランサムウェア攻撃を受けたことも記憶に新しい。

関連仮想通貨で支払われたランサムウェア攻撃被害が大幅増=Chainalysis

しかし、第3四半期と第4四半期は減少傾向に転じ、この傾向は2022年に入っても続いているという。2022年第2四半期は、2020年後半以降で最も攻撃数が少ない四半期となった。

その一方で数年前に比べれば増加している。2022年上半期に見られたランサムウェアの数は、すでに2017年、2018年、2019年それぞれの通年合計を上回っている形だ。

その他の低下要因

SonicWallは、今年前半に攻撃数が低下した理由として他に、サイバーセキュリティ保険の引き受け手が要件を厳格化していることや、大規模なランサムウェア攻撃を受けて、各国政府が対応を強化していることも挙げた。

身代金要求の支払いに応じる組織の数も減少傾向にあるという。2019年第1四半期には、攻撃を受けた企業などの85%が支払っていたが、2022年第1四半期には、この割合は半数以下にまで減少した。

さらにレポートは、米国国家安全保障局(NSA)のサイバーセキュリティ担当責任者ロブ・ジョイス氏の発言も紹介している。

ジョイス氏は、ランサムウェア攻撃数低下について「ロシアとウクライナの対立」も要因の一つだと推測している。各国の、ロシアに対する経済制裁は、ロシア周辺を拠点とするランサムウェアグループにも様々な形で影響を及ぼしているという。

ジョイス氏は「制裁により、資金を動かしたり、ウェブ上でインフラを購入するのが難しくなるにつれ、ハッカーは活動をしにくくなる。ランサムウェアもその活動の大きな部分を占めている」と話した。

ブロックチェーン分析企業チェイナリシスは2月、ロシアが金融犯罪の温床になっているとの内容を掲載したレポートを発表。2021年にランサムウェアが得た総収入のうち約74%、約460億円以上に相当する仮想通貨が、何らかの形でロシアと関連している可能性が高い組織に流れていると分析していた。

関連「ロシアに不正金融活動の拠点多数」チェイナリシス報告

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。
06:55
2日朝|NYダウ反落 バイナンスIEO銘柄高騰
今日のニューヨークダウ平均は昨日の利上げ減速期待上げから一転し米景気後退のリスクが意識されている形で反落。バイナンスのIEO銘柄HOOKは高騰している。
12/01 木曜日
16:51
フレア(FLR)、年明けにトークン配布イベントへ
20年12月12日時点の仮想通貨XRPの保有者に対して配布予定の「フレア:旧スパーク(FLR)」について、トークン付与(エアドロップ)の実施予定日と対応取引所リストが発表された。
16:32
JCBIら、自己主権型IDの共同研究を開始
一般社団法人ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ(JCBI)は、自己主権型アイデンティティ(SSI)の社会実装をテーマとした共同研究を開始することを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧