Solana Spaces、ソラナの実店舗がNYでオープン

ソラナ初の実店舗

仮想通貨ソラナ(SOL)に関連する公式ストアは28日、米ニューヨークで正式にオープンした。

この実店舗は「Solana Spaces」という小売り・教育スペースとして、来店した人々が直接ソラナ基盤のNFTやWeb3関連技術を体験することを主な目的としている。

Solana Spacesはソラナ財団とコラボし、MagicEdenやPhantom、Orcaといったソラナ関連企業と提携し立ち上げられた。

店内ではDegenerate Ape AcademyのNFTが飾られているほか、ウォレットの使い方やアプリの利用についての教育や体験、オンボーディングを提供するチュートリアルセクションが設けられている。また、ソラナ関連のグッズを販売し、「ソラナペイ」という新たな決済方法が利用できる。

関連ソラナペイがNFT特典の配布やトークン報酬に対応 店舗側のユースケース増やす

そのほか、ソラナブロックチェーンのリアルタイムパフォーマンスを可視化したインタラクティブなアートインスタレーションも設置されている。

さらに、先月発表されたスマートフォン「Saga」を見ることもでき、正式にリリースされれば、店舗で購入することも可能だという。

関連ソラナラボ、Web3スマホを発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します