ソラナの仮想通貨ウォレットが標的に、ハッキングによる大量被害

ソラナウォレットで巨額被害

ソラナ(SOL)エコシステムの複数の暗号資産(仮想通貨)ウォレットのユーザーから、ハッキングによる不正流出被害が報告されている。

主にPhantomやSlopeウォレットからSOLと「SPL規格で発行されたトークン」が奪われており、攻撃者と見られる2つのアドレス(a,b)には計4億円(300万ドル)相当のトークンが送られている(執筆時点)

盗難被害に遭った多くのユーザーは、ウォレットに保管していたトークンが知らない間に流出したと主張している。Phantomウォレットは外部プロジェクトと連携して調査を進めているが、「現時点で、この問題はPhantomだけのものではないと考えている」とツイートした。

実際に、被害者の中にはTrust WalletやSlopeウォレットのユーザーも含まれ、広範なソラナ・ウォレットが対象となっていることから、大元のライブラリ「Solana Program Library (SPL)」に脆弱性を疑う声も出ている。

Phantomウォレットで資金を受け取る際にダブルチェックを行うプログラムを疑う者もいるが、現在のところ被害の発生原因は定かではない。

Magic Edenは公式ツイッターで、攻撃のリスクを回避する応急処置として、仮想通貨ウォレットから過去に許可(パーミッション)を付与したコントラクトを表示し、怪しいサイトを削除(Revoke)するようユーザーに警告した。

しかし、該当するトランザクションの署名がユーザー自身に押されていることから、「Revokeは根本的な解決策にならない」とDeFi(分散型金融)開発者Foobarは指摘した。原因が究明されるまでの間、ソラナの各種ウォレットユーザーは資産をハードウェアウォレットや仮想通貨取引所に避難するよう推奨されている。

関連:ソラナ上のDeFiプロトコル「Crema Finance」、盗まれた仮想通貨12億円相当を回収

追記:3日16時

攻撃者が所有する4つのソラナウォレットが判明しており、これらのアドレスにトークンを送付したアカウントの数から、ハッキング被害を受けたユーザーの総数は執筆時点に7,767件と上ることが明らかになっている(参照:Dune)。

SlopeやPhantomを含む複数のウォレットで被害が確認されており、モバイルアプリとPCのブラウザエクステンションの両方で発生している。

原因は依然として不明だが、不正なトランザクションはいずれもウォレットオーナーの署名が押されていることから、「秘密鍵」や秘密鍵にアクセスできる「シードフレーズ」が何らかの理由で漏洩した可能性が高い。

それに派生して、同じ秘密鍵を使用して作成されたイーサリアム(ETH)のウォレットでも同様の被害が出ている。新規にウォレットを作成する際はシードフレーズを再利用しないよう警告されている。

複数のソラナエコシステムの開発者がセキュリティ企業と協調して原因究明に務めている。ソラナ開発企業Solana Labsの広報責任者Austin Federa氏によると、明確なことは「ハードウェアウォレットが影響を受けた事例が出ていない」ことだけ。同氏は「(ソラナ)ネットワークが原因と見る証拠もない」とあくまで中立な構えを示している。

被害額について、データサイトSolanaScanが遮断されており、リアルタイムの確認が困難になっている。盗まれたトークンの中で評価額が800億円(5億7,000万ドル)と高い「EXIST」トークンについては、流動性が極端に低いため無視する必要がある。

それを差し引くと、実際の被害総額は約10億円(800万ドル)とブロックチェーンセキュリティ会社PeckShieldは試算している。

公式の最新情報は、ソラナ財団が運営するツイッターアカウント「Solana Status」で確認できる。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します