ウォレット企業Ledger、さらなる資金調達を図る=報道

暗号資産(仮想通貨)ウォレット企業Ledger社が1億ドル(130億円)相当の資金調達ラウンドを実施する予定であることがわかった。関係筋の話としてブルームバーグが報道した。

Ledger社はフランスに拠点を置く大手仮想通貨ウォレット企業。2014年に設立された業界では長い歴史を持つ企業で、2021年6月には15億ドル(2,000億円)の評価額で3.8億ドル(500億円)の資金調達に成功していた。

公式サイトによれば、同社のハードウォレット利用者数は500万人を突破。特に、8月3日には高速L1ブロックチェーンのソラナで大規模なハッキングが発生したため、セキュリティを担保したNFT(非代替性トークン)の保管手段への注目が集まっている。

関連:ソラナの仮想通貨ウォレットが標的に、ハッキングによる大量被害

下落相場でも資金調達続く

テラ(LUNC)の急落を皮切りに、3ACやセルシウス、Babel Financeなど多数のプラットフォームが相次いで破産や債務不履行を表明。連鎖的な清算問題が発生した。

関連:「市場に漂う清算リスクの暗雲」、仮想通貨企業の債務問題・救済策まとめ

一方、CoinPost提携メディアThe Blockの統計では、2022年上半期における資金調達額は175億ドル(約2.4兆円)を記録するなど、下落相場とは裏腹に、業界への資金流入が継続。過去の下落相場との相違点として有識者からも着目されている。

関連:Web3系企業、2022年上半期の資金調達総額は2.3兆円を突破

関連:成長産業への巨額投資相次ぐ、暗号資産関連企業の資金調達事例まとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します