AaveDAO、v3開発貢献者に約2,200万円の事後報酬を検討へ

AaveV3の成功

DeFi(分散型金融)レンディングプロトコルAave(AAVE)で3月にリリースされた新バージョン「Aave V3」の評価は上々のようだ。

Aaveのガバナンスフォーラムでは10日に、Aave V3を開発した営利企業Aave Companiesが、約2,200万円(1660万ドル)の事後交付型報酬を申請。概ね賛成する回答が多く寄せられている。

Aave Companiesの申請書によると、1,660万ドルのうち1,500万ドルは開発にかかった費用、残りの160万ドルは計5社によるスマートコントラクトの監査費用である。

今回の報酬申請はイーサリアム共同創設者Vitalik Buterin氏が打ち出した、オープンソース開発を持続させるための資金調達ポリシー「Public Goods Funding」に則っている。

これは、「何が役に立つか(今後)」よりも「何が役立ったか(過去)」を評価し、公共財となる優れたプロダクトの構築者に、遡及的に報酬を付与するコンセプトだ。

Aave Companiesは、コミュニティのフィードバックに基づいて機能追加を施したAave V3が、Aaveエコシステムの全体的な拡大に貢献したと主張。リスク管理と資本効率を向上させ、プロトコルの柔軟性と分散化を同時に強化したと述べている。

Aave V3は迅速に流動性を集め、不利な市場環境にもかかわらず、アバランチ(AVAX)のインセンティブに乗じてアバランチでのV3の市場規模は約3,000億円(22億2000万ドル)まで成長。多くはステーブルコインで、4月中旬以降の供給総量の60%を占めた。この成長はオプティミズム(OP)でも反映されており、ここ数週間で2,600億円(20億ドル)の市場規模に上昇した。

Optimismとは

手数料を下げたり、処理速度を速めたりするため、イーサリアム用のL2ブロックチェーンを開発している企業。「オプティミスティック・ロールアップ」という技術を活用している。

▶️仮想通貨用語集

関連:DeFiレンディングAave、新バージョン「V3」をリリース 

Aaveのエコシステム

Aaveはロックされた総資産価値(TVL)が約1兆円(73億ドル)で、トップ3のDeFiプロトコル。そのエコシステムは、AAVEトークンの保有者によって運営され、プロトコルの財務を管理する分散型自律組織「Aave DAO」と、開発企業Aave Companiesを含むコントリビューターで成り立っている。

出典:AAVE

Aave Companiesは、コントリビューターがプロトコル収益の持続的成長とユーザーエクスペリエンスの向上に役立ち、エコシステムのイノベーションを促進させるとして、DAOによる資金提供に理解を求めた。

Aaveプロトコルが発展し続けるために、コントリビューターがエコシステム内の分散型資金調達方法によってビジネスを構築し、維持できるようにする必要がある。

同社が申請している1,660万ドルは、Aave DAOの財務総額の約7.5%に相当する。1,000万ドルはステーブルコイン、660万ドルはAaveDAOのガバナンストークンAAVEでの支払いを希望しており、AAVEの配布には1年間の権利確定期間(ロックアップ)を設ける内容だ。

関連:イーサリアムL2「Optimism」、エコシステム開発ファンドの運営計画を公表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します