カナダ規制当局、セルシウスの捜査で米政府と連携か=報道

カナダ当局もSECと連携へ

暗号資産(仮想通貨)プラットフォーム・セルシウスの破綻について、カナダの規制当局が米当局と連携を進めていることがわかった。関係筋の話として地元紙が報じた。

関係者によれば、カナダ東部のケベック州で最大規模を誇る大手年金基金(ペンション・ファンド)であるCaisse de dépôt et placement du Québecが2021年10月にセルシウスに1.5億ドル(200億円)を出資していたことが捜査の要因。6月からケベック州のAMF(金融市場庁)やトロント証券取引所を管轄するオンタリオ州証券委員会(OSC)も調査を行なっている模様だ。

ケベック州に隣接する中等部のオンタリオ州の規制当局も同様に、セルシウスの破産がカナダ市民およびオンタリオ州民にどのような影響を与えたか、特定を図っているという。これについて、米国のSEC(証券取引委員会)などと連携して、調査を行なっていく。

米SECは米国内でも州政府の規制当局と連携を進めている。既に6月中旬時点から、テキサス、アラバマ、ケンタッキー、ニュージャージー、ワシントンなど複数の州と連携して捜査を開始していた。

関連:出金凍結のセルシウス、米SECからも連絡か

セルシウスの破産

セルシウスは7月上旬に米国裁判所にて破産(チャプター11)を表明した仮想通貨プラットフォーム。2022年2Q(4月〜6月)における相場の急落に伴い、顧客資産の入出金停止を表明した後、債務不履行に至っていた。

関連:「市場に漂う清算リスクの暗雲」、仮想通貨企業の債務問題・救済策まとめ

関連:仮想通貨融資企業セルシウス、正式に破産申請

なお、セルシウスが申請したチャプター11と呼ばれる破産法では、資産の返済は以下の順番で行われる。その為、個人投資家への負債返却は優先されない可能性が強まっている。

  1. 担保付き債権者
  2. 無担保債権者
  3. 株主

セルシウスの破産表明(7月13日)時点での貸借対照表によれば、負債は55億ドル(7,400億円)にのぼり、この内8割以上に相当する約6,300億円は10万人以上の個人投資家に対するもの。

チャプター11は日本の民事再生法に似た再建型の倒産法制度で、従来は原則120日以内に再建プランを策定していく仕組み。破産申請では「手元資金は1億6700万ドル(220億円)あり、再建プロセスを進行する上で十分な流動性を提供できる」と述べている一方、「資産売却や第三者による投資を検討する」という計画も記されていた。

最近では、XRP(リップル)を活用した国際送金システムを提供する米リップル社がセルシウスの資産買収に関心を示しているとロイターが報道している。

関連:リップル社、セルシウスの資産売却に関心か

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します