米ロビンフッドが集団訴訟に直面 ミーム株の取引制限めぐり

ロビンフッドへの訴訟手続き承認

米マイアミ州連邦地裁は11日、投資アプリを提供するRobinhood(ロビンフッド)に対して起こされた集団訴訟の手続きを進めることが確認された。

この訴訟は、2021年1月にロビンフッドが、ゲームストップ・コープ(GME)やAMCエンターテインメント・ホールディングス(AMC)など注目度が急激に高まっていた銘柄について、一時的にユーザーが購入できないようにしたことに端を発するものである。

こうした株式は、大手掲示板サイト「Reddit」などSNSで注目されたことにより高騰し、ロビンフッドなどが対象銘柄の取引制限を行うことにつながった。

関連仮想通貨取引所FTX、大手掲示板Redditと提携

この騒動は、SNSで結託した個人投資家が、ゲームストップ株に空売り攻勢を仕掛けていたウォール街のヘッジファンドなどに対抗し、同社株に大量の買いを入れた出来事として知られる。その結果、ファンド側は損失を防ぐため高い水準で買うよう強いられ、ウォール街の機関投資家に数十億ドル規模の損失をもたらした。

関連未曾有の踏み上げ相場で米ゲームストップ株暴騰、仮想通貨にポジティブとの評も

この際、ロビンフッドは、ユーザーが特定の銘柄を購入できる機能を1日停止していた。同社の清算機関が要件として約4,000億円(30億ドル)の現金を要求したことが背景にある。この要件は、全米証券清算公社が設定しているものだ。またロビンフッドは、ユーザーがミーム銘柄などを購入できる株数を一時的に制限していた。

ミーム銘柄とは

企業業績とは無関係に、ソーシャルメディアなどで注目が高まり短期間で価格が急上昇した銘柄

▶️仮想通貨用語集

判事の説明

訴訟では、ロビンフッドが「買い注文の取り消し、顧客の株式の清算、オプションの決済によって9銘柄の価格を下げるための市場操作を行った」と申し立てられていた。

ロビンフッド側はこの申し立てを棄却するよう求めていたが、セシリア・アルトナガ判事は11日、申し立てを棄却せず裁判プロセスを先に進めるよう判断をくだした形だ。

アルトナガ判事は、ロビンフッドが当時ユーザーに行った制限措置だけでは市場操作していたという主張の裏付けにはならないとしている。しかし、「資本不足を隠すために行われた不透明で矛盾した声明」と合わせて考えると、「ロビンフッドの側に、同社利益のために株価を人為的に下落させようとする意図があったと思われる」という。

さらに、ロビンフッドは市場操作の疑いに関連して「証券詐欺を禁止する連邦法に違反している」という原告の主張にも向き合う必要があると続けている。

ロビンフッドの訴訟担当者は「同社の行動はユーザーをサポートするために適切かつ必要だったと考える」という姿勢を示した。また、「裁判所はまだ事実関係を明らかにしておらず、判決も下していない。私達は、この件に関して引き続きロビンフッドの立場を弁護していく」としている。

これまでの事例

ロビンフッドについては、これまでも法や規制手続きの対象となってきた。

ロビンフッドは8日、サービス停止に対して、そのユーザーに現金990万ドルを支払うことに同意したところだ。

これは、2020年3月2日、株式市場が急騰する中同社のシステムが一時停止したことによるもの。この際に、数百万人のユーザーがロビンフッドのシステムにアクセスできず、市場の機会を逃して損失を被ったとされている。

本件についてロビンフッドは「問題となっているプラットフォームの停止が発生した2020年3月以降、私達は根本的な原因に対処し、将来の停止リスクを低減し、システムの回復力を高めるための措置などを目的として、技術とインフラに大幅に投資してきた」と述べた。

また、ロビンフッドの暗号資産(仮想通貨)部門「Robinhood Crypto」は2日、米ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)より3,000万ドルの罰金支払いを命じられた。マネーロンダリングとサイバーセキュリティ、消費者保護に対するルールを遵守できていなかったと指摘された形だ。

関連米ロビンフッド、NY州規制当局から罰金40億円

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します