MakerDAO共同創設者、DAIの担保資産からUSDCを除外する考え示す

中央集権型の仕組みを懸念

DeFi(分散型金融)プロジェクト「MakerDAO」の共同創設者Rune Christensen氏は11日、公式Discordチャンネルで、ステーブルコイン「ダイ(DAI)」の担保資産から「USDC」を除外することを検討する考えを示した。

USDCが、中央集権型の米ドルステーブルコインであることを懸念。この考えの背景には、米財務省が仮想通貨ミキシングサービス「Tornado Cash」を制裁対象に指定した経緯がある。財務省の発表を受けて、USDCの発行元である米サークル社らは、制裁リストにあるアドレスをブラックリスト化するなどの対応を行なった。

関連米財務省、仮想通貨ミキシング「Tornado Cash」を制裁対象に指定

MakerDAOとは

米ドルの価値に連動するステーブルコイン「DAI」を運営するプロジェクト、またはそのプロジェクトを運営する自律分散型組織(DAO)の名称。

▶️仮想通貨用語集

関連CoinBestで国内初、DAI(ダイ)の取引所取引を開始|DAI(ダイ)解説付き

DAIはイーサリアム(ETH)やベーシックアテンショントークン(BAT)など複数の資産を担保にできるが、「daistats」のデータによると、現在USDCが担保資産の多くを占めている。USDCを除外することにはリスクも伴うため、Christensen氏は議論を行った上で、実行する場合は時間をかけて行うべきだと主張した。

また最悪の場合、DAIの価格が1ドルからディペッグ(乖離)する可能性もあるとリスクを指摘。しかし、その代わりにDAIの検閲耐性が強化されるとメリットも説明した。Christensen氏は各国・地域のステーブルコインに対する規制動向も注視している模様だ。

関連米超党派ステーブルコイン法案の交渉進まず

最終的にChristensen氏は、短期的には大きな動きはないだろうと説明。充分に時間をかけた上で検討していく姿勢を示したが、長期的には何か対策を講じることは明確だと主張した。

批判的な意見

一方で、この考えには批判的な意見も上がっている。イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はツイッター上で、他のユーザーの「MakerDAOは、担保資産にある約4,600億円(35億ドル)相当のUSDCをイーサリアムに代えようと検討している」という投稿に反応した。

ブテリン氏はこの場合、イーサリアムの価格が急落した時にリスクがあると指摘。清算の仕組みを例に挙げ、Christensen氏の考えに否定的な見方を示している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します