ビットコイン一時25000ドルに迫る、インフレのピークアウト示唆やブラックロック参入が追い風に

仮想通貨市況

10日の米株式相場ではダウが前日比2.1%高に。

米労働省が同日に発表した米消費者物価指数(CPI)が、市場予想の8.7%を下回る前年同月比8.5%の上昇に留まったことが背景にある。約40年ぶりの記録的水準となった前月の9.1%からは大幅鈍化した。

これにより過去数ヶ月間で上昇の一途を辿っていたインフレのピークアウトが示唆され、今年4月以降は極度の悲観相場に陥っていた反動もあり、投資家のリスク選好が強まった。直近ではウクライナ情勢などに起因する資源高が一服。原油及びガソリン価格の低下がインフレ高進の抑制につながったものと見られる。

ただし、現時点で楽観するのは早計だ。専門家の間では「米金融当局にとってインフレ抑制(金融引き締め)目標達成までの道のりは、未だ程遠い」との見方が大勢を占める。依然として過去最高水準にある統計データは、今後の”推移”を十分注視する必要があり、FRB(米連邦準備制度)の金融政策判断に直ちに影響するものでない点に留意したい。

金利先物市場では、来月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で3回連続で0.75bpの利上げに踏み切るとの見方が、12日昼時点で36%織り込まれている。

暗号資産(仮想通貨)市場では、10日のCPI発表を受け、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)など主要銘柄が上昇した。BTCは先月末の直近高値を更新し、一時24,929ドルに達した。

BTC/USD 日足

一目均衡表の雲上で上昇を一服した。5月安値の25,350ドル付近の抵抗線で上値を重くする可能性も考えられる。

先物市場では11日、過去24時間で5億1000万ドル強のポジションがロスカットされた。内60%はショートポジションの強制清算だった。株高のほか、ニューヨーク外為市場でリスク資産と逆相関傾向にあるドル・インデックス(DXY)の下落も暗号資産(仮想通貨)上昇の追い風となった。

出典:beincrypto

ただし、UBS Group AGのストラテジストらからは、「ピークに達した可能性はあるが、ドルが大幅な一段安になるという見方には慎重」との見方がある。12日にかけて市場は落ち着きを取り戻し、BTCは前日比1.03%安で推移する。

ブラックロック参入

12日には、最大手投資運用会社ブラックロックが、機関投資家向け「ビットコイン投資信託」の提供開始を発表した。

関連:米ブラックロック初、ビットコイン投資信託を提供開始

Digital Currency GroupのBarry Silbert(@BarrySilbert)CEOは、「各国の中央銀行は、ビットコインに簡単かつ安全に投資できるようになった」として、中央銀行が将来的にビットコインなどのデジタル資産を保有する可能性について示唆した。

運用資産規模10兆ドルを超えるブラックロックは4日、米大手取引所コインベースと提携を発表したばかり。

大規模管理システム「Aladdin」及びCoinbase Primeを介して、機関投資家がビットコイン(BTC)を購入できるようになるほか、将来的には他のアルトコインにもアクセスできるようになる見込み。

ビットコイン投資信託「GBTC」を提供するグレースケールのように、その仕組み上ビットコイン(BTC)現物をブラックロックが保有することになると考えられることからも、強気材料として受け止められている。

イーサリアム(ETH)

BitMEXのアーサー・ヘイズ元CEOは、イーサリアム(ETH)先物契約のダイナミクスの変化について言及。23年1月までバックデーション(先物価格<現物価格)にあることを指摘した。

通常は現物価格に対して数%のプレミアム(プラス乖離)となるが、この点についてアーサーは「マージが失敗する可能性に備え、マージ前にETHのエクスポージャーをリスクヘッジしていることが理由にある」との見方を示した。

イーサリアムのThe Merge(ザ・マージ)は仮想通貨史上で最も大掛かりなイベントの1つであり、技術的難易度の高いアップグレードであることから、マージ実装前後で不測の事態が起こらないとは限らない。

アーサーの見立てによれば、マージが成功した場合はヘッジ解消によるショートカバーを招き、ネット・ロングになることを確信している。マーケットメーカー現物ロング、先物ショートに保有するポジションを逆転させる必要があり、このシナリオが実現すればETH価格を強く押し上げる可能性があるとした。

これについてWagmi(3,3)氏は、「9月限と12月限の先物曲線は逆転している」と指摘。「分岐を伴うハードフォークの可能性を見据え、ETH PoWのエアドロップ目当ててで現物ロング、期限付き先物ショートの需要も見られる。」との見方を示した。

大規模アップグレードの際に想定し得る各種リスクを最小限に留めるため、イーサリアムのコア開発陣は、試験用のテストネットで度重なる準備を重ねてきた。

関連:イーサリアム最後のテストネットで「マージ」完了

11日には、”Ropsten”、”Sepolia”に続くテストネットの最終段階である”Goerli”にてマージの実装に無事成功した。

開発者Tim Beiko氏は、マージ実行スケジュールの目安となる「TTD(Terminal Total Difficulty:期間中の合計難易度)」に言及。暫定予定日が当初の9月19日から、9月15日前後に前倒しされた。

2段階アップグレードの起点となる「Bellatrix」は、早ければ9月6日から始まる可能性が浮上している。

関連:イーサリアム「マージ」、暫定実施予定日が明確に

オンチェーンデータでもイーサリアム(ETH)への関心が集まっている。Glassnodeのデータによれば、1,000ETH以上を保有するクジラ(大口投資家)は、過去4週間で保有量を大幅に増やした。

Glassnode

また上記データによると、ETHの約10.8%がETH2.0プロトコルにステークされており、約27%がDeFi(分散型金融)プロトコルでロックされていることを意味する。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します