CoinPostで今最も読まれています

米FRB、仮想通貨企業の連銀口座開設に関する新ガイドラインを発行

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨銀行の審査を考慮

米連邦準備制度理事会(FRB)は15日、暗号資産(仮想通貨)を扱う企業やフィンテックなど新しい種類の金融機関を念頭に、連邦準備銀行マスター口座開設に関わるガイドラインを発表した。こうした金融機関に対しては一般的に、より厳格な審査が行われるという内容を盛り込んでいる。

背景

金融機関が他の機関との決済を行うためには、連銀にマスター口座を開設することが必要となるが、これまで仮想通貨銀行などについては、この口座を開設する許可が付与されにくい現状があった。

FRBのジェローム・パウエル議長は1月、「SPDI(特別目的預託機関)にマスター口座の開設を許可することは、これまでにない重大な前例を作るケースであるため、慎重に審議している」との発言を行っていたところだ。

SPDI(特別目的預託機関)とは

SPDIとは「Special Purpose Depository Institutions」の略で、米ワイオミング州が2019年に新たに制定した金融機関の形式。従来の銀行業務を行いながら、仮想通貨の取引や保管、資産管理が可能となる。ただし顧客の法定通貨預金での融資は禁じられている。

▶️仮想通貨用語集

関連米FRB議長、公聴会で仮想通貨・デジタル通貨関連の質問に回答

一例としては、仮想通貨銀行Custodia(旧称Avanti)に関する審査遅延がある。同銀行は6月、マスター口座への申請に関する決定を遅らせたとして、FRBとカンザスシティ連銀を原告とする訴状をワイオミング州地方裁判所に提出している。

内容としては、同社の申請手続きが1年半以上も保留状態にされており、この遅延は1年という法定期限や、マスター口座付与の決定には通常5〜7日かかるとする申請スケジュールに違反していると訴えるものだ。

この遅延により、同社は単独でのサービス提供を見送り、マスター口座を持つ他の銀行と提携せざるを得なくなった。これにより余分なカウンターパーティの信用リスクや決済リスクが発生し、運営コストも高くなったという。

金融機関を3層に分類

FRBの7人のメンバー全員が、新ガイドラインに賛成票を投じた。FRBは次のように説明している。

近年、新しいタイプの金融商品を提供する機関や、新しい種類の認可を受けた機関が増加しており、その多くが、連邦準備銀行が提供する口座(マスター口座)や決済サービスへのアクセスを要求している。

このガイドラインは、連邦準備銀行が、透明で一貫性のある評価項目を用いて、こうした要求を審査するために使用される予定だ。

新ガイドラインは、リスクの程度に応じて金融機関を分類し、準備銀行が適用するデューデリジェンス(リスク査定)などのレベルを明確にするものとなった。

具体的には3つの層に分類しており、1層目は連邦預金保険に加入している機関で構成される。こうした金融機関は一般的に、より効率的な方法で審査されることになるという。

2層目は連邦預金保険に加入していないものの、連邦銀行機関による監督対象となる機関や、その持ち株会社が連邦準備制度の監督対象となる機関で構成され、中間レベルの審査を受けることになる。

3層目は、連邦預金保険に加入しておらず、連邦から、当機関またはその持株会社に対する監督が行われない機関があてはまる。こうした金融機関は、最も厳しいレベルの審査を受けることになるとしている。

米連邦預金保険公社(FDIC)は7月に、連邦預金保険は「株式、債券、投資信託、コモディティ、仮想通貨などには適用されない」「仮想通貨企業のデフォルトや倒産から資産を保護するものではない」と改めて強調していたところだ。

関連米FDIC、「仮想通貨企業は保険適用外」と強調

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)のコインチェックIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから期待度を解説した。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
14:53
トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。
13:00
仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート
韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は、同国の仮想通貨市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。
12:16
イーサリアムETFが米国初承認、PMIインフレ懸念で仮想通貨相場は乱高下
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム現物ETFの歴史的なSEC初承認を巡り、期待先行で高騰していたETHが乱高下した。米PMI発表時のインフレ懸念で米株指数が急落したほか、MEV会社Symbolic Capital Partnersの大量売りが影響を及ぼしたと見る向きも。
11:15
米シンシア・ルミス上院議員「仮想通貨推進軍」結成を宣言
米国のシンシア・ルミス上院議員は、議会に「仮想通貨推進軍」を構築すると発言した。これはトランプ前大統領の声明にも呼応するものだ。
10:50
JPYCら3社、ステーブルコインの共同検討開始
国内ステーブルコインの利用拡大を目指し、JPYC・北國銀行・Digital Platformerが共同検討を開始。協業の背景や今後の計画が明らかになった。
09:50
米下院、CBDCによる監視国家に反対する法案を可決
米下院は、中央銀行デジタル通貨による国民監視に反対する法案を216対192で可決した。共和党と民主党で票が分かれている。
08:15
「STEPN GO」、STEPN運営FSLが続編を発表
フィットネスアプリSTEPNにソーシャル機能を追加した新たなソーシャルライフスタイルアプリSTEPN GOが発表された。アプリの特徴や今後の予定が明らかになっている。
07:45
グレースケール、StacksとNearの仮想通貨投資信託を提供開始
グレースケールは、投資信託から様々な銘柄を機関投資家に提供するで流動性を高めて今後ETF(上場投資信託)への転換の基礎を確立していく。
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア