リップル社がトラベレックスと提携、同社ブラジル支部にODL導入

メキシコとのODL決済をサポート

米リップル社は17日、外貨両替業を営むトラベレックスとの提携を発表。XRPベースの決済ソリューション「ODL」(オンデマンド・リクィディティ=流動性)を、ブラジルで同社が提供開始することを発表した。

トラベレックスは、ブラジルではトラベックス銀行として、同国の中央銀行から外国為替業務のみを行う銀行として登録・承認されている。e-Fx取引に重点を置いており、送金や国際決済、ATM、多通貨プリペイドカードなど、多くのサービスを通じて、顧客の国際マネーへのアクセスを簡素化することを目指している。

「ODL」はリップル社が提供する暗号資産(仮想通貨)XRPベースの決済ソリューションで、従来の国際送金では現地通貨を事前に保管しておく必要があるが、XRPをブリッジ通貨として利用することで、送金コストの削減や時間短縮などにつながるシステム。

関連:ブラジル投資大手「XP」、ビットコインとイーサリアム取引を提供

今回の「ODL」導入後、トラベックスはまず、ブラジルとメキシコ間でのODL決済をサポートする。将来的には提供地域を拡大し、内部財務や中小企業(SME)の一括決済などのユースケースをサポートしていく予定だ。

XRPとは

リップル社が発行する仮想通貨で、ネットワーク上の仮想通貨や法定通貨間をつなぐブリッジ通貨の役割を持つ。

▶️仮想通貨用語集

今回の提携について、トラベレックスグループのジョアン・マヌエル・カンパネリ最高事業開発責任者は、以下のようにコメントしている。

私たちはこのパートナーシップを、この地域の多くの人々に安全でコンプライアンスに則った方法で暗号の恩恵をもたらす戦略的な機会として捉えている。

トラベレックスは常に進歩的な企業であり、仮想通貨の利点を受け入れ、資産の移動と管理を劇的に変革する可能性のあるユースケースを活用する、伝統的な金融機関の先頭に立つことができることを喜ばしく思う。

関連:リップル社の「ODL」拡張へ、SBI VCトレードがリニューアルを発表

サンタンデールも仮想通貨取引を示唆

ブラジルでは、すでにBanco Rendimento、Remessa Online、Frente Corretora、Banco Topazio、B&T Câmbioといった企業がリップル社と提携しており、トラベレックスはそこに加わる形となる。

同国は仮想通貨に対して寛大なスタンスを見せている国で、大都市リオデジャネイロでは、2023年よりリオデジャネイロでの固定資産税の支払いも可能になる計画が進行中。

民間での動きも活発で、同国の大手証券取引所B3はすでに、ビットコインETFをはじめ、DeFi(分散型金融)関連やWeb3.0(分散型ウェブ)関連のETFなど複数のETFを取り扱っている。7月末には、スペイン発の大手金融機関サンタンデール銀行のブラジル支部が、仮想通貨取引機能の導入を示唆した。

なお「ODL」については、世界的に取引量が増加しており、リップル社は2022年第2四半期(4~6月)の報告書で、前年同期比で9倍超となったことを報告している。

関連「ODL」拡大で仮想通貨XRPの取引量が9倍増加=リップル社2Qレポート

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します