米コインベース、イーサリアム先物取引を提供予定

Nano Ether先物

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは26日、同社初のイーサリアム先物を8月29日にローンチする予定を発表した。

コインベースが提供するイーサリアム先物は「Nano Ether futures contract (ET)」というもので、CMEが提供しているイーサリアムのマイクロ先物に類似。

関連米CME、イーサリアムオプション取引を提供へ

「Coinbase Derivatives Exchange」が先物取引の提供を担当し、6月27日には同社初のビットコイン先物をローンチした。コインベースのビットコイン先物はローンチ以来、約290万の契約が取引されていたという。

Coinbase Derivatives Exchangeは、コインベースが1月に買収したCFTCのライセンスを持つデリバティブ取引所FairXをリブランディングした子会社だ。多くの証券会社(ブローカー)口座からアクセスでき、EdgeClear、Ironbeam、NinjaTrader、Optimus Futures、Stage 5、Tradovateといったブローカーが対応する。

cbETH上場

コインベースが25日に発表したリキッド・ステーキングトークン「cbETH」は「cbETH/USD」と「cbETH/ETH」のペアとして新規上場した。

cbETHとは、コインベースを介してETH2にステーキングされた資産を表すERC-20規格のユーティリティトークン。同トークンはコインベース以外のDeFi(分散型金融)プラットフォームでも利用が可能となっており、ロックアップされているETHとその金利を表す代替資産のことだ。

関連コインベース、独自のリキッド・ステーキングトークン「cbETH」をローンチ

関連イーサリアムPoWフォーク:新トークン付与に関する「仮想通貨取引所」対応一覧表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します