コインベース、独自のリキッド・ステーキングトークン「cbETH」をローンチ

独自の新通貨cbETH

大手暗号資産(仮想通貨)コインベースは25日、イーサリアム(ETH)ステーキングすることで受け取れる代替資産「コインベース・ラップド・ステークドETH(cbETH)」のローンチと取引開始を発表した。

cbETHの取引は流動性が規定に達し次第、早くて26日午前1時(日本時間)より米ドル(USD)ペアの取引を開始する予定だ。

9月に大型アップグレード「マージ(Merge)」が控えるイーサリアムでは、これまでLido Financeの提供するstETHが市場を占有してきた。

リキッド・ステーキングとは

仮想通貨のステーキング金利を受け取りながら、その代替資産(ステーキング証明トークン)を運用できるDeFi(分散型金融)の仕組み。従来はロックアップされてきた資産の流動性(Liquidity)を解放できる利点がある。

▶️仮想通貨用語集

関連:仮想通貨ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み

cbETHとは

cbETHはコインベースを介してETH2にステーキングされた資産を表すERC-20規格のユーティリティトークン。同トークンはコインベース以外のDeFi(分散型金融)プラットフォームでも利用が可能となり、アップグレード完了までロックアップされるETHとその利息を表す。

従来のリキッドステーキングではLidoが提供する「stETH」が9割のシェアを占めている一方で、コインベースはETH2ステーキング量の3割近くがLido Financeに預託されている点を問題視。健全な競争をもたらす意図でリキッド・ステーキング市場に参入すると今回の意図を説明した。

コインベース側はcbETH価格は従来のETHを1:1の割合で表すものではなく、ステーキングされたETHとその経過利子を反映すると指摘。cbETHの利子計算は2022年6月17日(日本時間)より開始している。

なお、ETH2.0のビーコンチェーンへステーキングされているETHの総量は執筆時点で約1,334万ETHにのぼる。

出典:beaconcha.in

関連:PoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは|PoWとの違いとメリットを解説

マージの正式日程

また、イーサリアムのエコシステム発展を支援するイーサリアム財団(EF)は同日、マージのアップデート日程に関する公式声明を発表したばかり。

コンセンサスレイヤー(ビーコンチェーン)での「Bellatrix」アップグレードは9月6日、実行レイヤーでの「Paris」アップグレード実装は9月10日から20日の間に行われるとした。

この内、「Paris」アップグレードはハッシュレートとTTD(Terminal Total Difficulty:期間中の合計難易度)に依存する為、前後する可能性がある。

出典:bordel.wtf

関連:イーサリアム財団、「マージ」の実施日程を正式発表

なおマージに先駆け、界隈ではイーサリアムのハードフォークを望む動きも強まっており、現行のPoW(プルーフ・オブ・ワーク)からの移行を望まない層によってフォーク通貨のETHPoW(別称、ETHW)が誕生する可能性もある。

国内の取引所でも対応方針を示す事例が散見されている。

関連:イーサリアムPoWフォーク:新トークン付与に関する「仮想通貨取引所」対応一覧表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します