CoinPostで今最も読まれています

Jelurida開発のIgnisチェーン、海運業界で新たなユースケース提供へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

海運業に導入されるIgnisチェーン

島国の日本にとっては欠かせない海運業だが、新型コロナウイルスの世界的な流行に伴う近年の流通の混乱は、改めて海運というインフラの重要性を思い出させる機会になった。

新型コロナとは直接関係しないものの、エジプトのスエズ運河では貨物船が座礁し、多くの船舶が停滞する事態に。また、中国では主要な港湾都市でコロナに伴う封鎖管理が行われるなどして物流に混乱が起きた。

そんな中、スイスを拠点にブロックチェーン開発を行うジェルリダ(Jelurida)社は、ブロックチェーンを用いて海運業界が抱える課題に新たなソリューションを提供しようと試みており、既に物流や船舶修理などのサービスを展開するスペインの老舗、BMT社と提携を模索している。

本記事ではジェルリダとBMT社が共同で制作した資料を基に、海運業におけるブロックチェーンのユースケースを紹介する。

関連:Jeluridaがオンチェーン版トランプゲームを開発、基盤にあるIgnisとは

透明性の無さが海運業の課題に

海運には、船舶を保有する船主やその船を借り受けて物流事業を行う海運会社、そのビジネスを支える金融や保険会社など、様々な事業者が関わっている。

現在、船主は、新型コロナの影響や環境規制の強化によって、ますます増え続ける検査や規制に直面している。また、ブローカーはコンプライアンス意識に欠けた船との契約を避けつつ、如何にコストを抑えるかに苦心している。

さらには、認証機関や船の修理を手掛ける企業も、船舶が適切な基準を満たしているかなどといった情報について、ますます神経をとがらせている。これら三者に共通しているのが、必要な情報へのスムーズなアクセスに課題を抱えているという点だ。海運業界の不透明性は、改革を妨げる一つの要因となっているという。

ジェルリダは、船舶に関するコンプライアンス情報を、アクセスが容易で、改ざんの難しいデータベースに集積することができれば、バリューチェーンの全ての事業体の効率性と収益性を向上させることが出来るだろうと指摘した。そして、そのデータベースとして提案されているのが、ジェルリダが開発を行っているパーミッションレス型ブロックチェーン、「Ignis(イグニス)」だ。

パーミッションレスとは

パーミッションレスは、ブロックチェーンにおいては、管理者の許可(パーミッション)なく、誰でもネットワークにアクセスできるという意味。

仮想通貨用語集

ビジネス面でのメリットと可能性

ジェルリダはIgnisに加え、NFTを用いたシステムで以下のようなメリットをもたらすことが可能とする。

  • 船主はさほどの負担なく、既存のシステムをブロックチェーンへ移行することが可能
  • ブローカーは船の状況をリアルタイムで把握し、規制を遵守していることを監視できる
  • 修理会社は、データベースにアクセスし、適切なタイミングでメンテナンスを提案・提供することが可能
  • 港湾当局もまた、ブロックチェーンにアクセスして船舶の証明書等を確認し、港へのアクセス許可がスムーズに可能
  • 環境への負荷を減らす取り組みも

    ブロックチェーンを導入することによる環境面への影響を考慮する前に、まずブロックチェーン自体の環境面での評価を見る必要があるだろう。

    ジェルリダのIgnisブロックチェーンは、 カーボンフットプリント面において優れており、ノードもアンドロイドのスマートフォンなど、小型のデバイスで運用することが可能だ。

    また、海運業へのブロックチェーンの導入も様々なプラスの影響が期待できる。寄港地での手続き効率化は、無駄な燃料の消費に貢献でき、データベースを参照することで、国際的な規制基準を満たしていない船舶を業界全体で適切に避けることができるようになる。

    NFTを実装する技術は出来上がっているものの、海運業での利用はまだだ。現状において主流であるアートやゲームでの用途との違いは、ブロックチェーンに保存すべきデータの定義だけだ。各パートナー企業との専門知識を組み合わせることで、商業化に向けた実用的な製品の立ち上げに不都合はないとジェルリダは見ている。

    関連:「弱気相場も乗り切れる」Jelurida共同創設者、22年の展望を語る

    コメントしてBTCを貰おう
    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    02/01 水曜日
    17:10
    LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
    米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
    15:30
    イーサリアム、1月に供給量が純減
    1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
    14:50
    Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
    イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
    14:00
    独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
    仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
    12:30
    Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
    分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
    12:00
    香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
    香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
    11:00
    米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
    米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
    10:17
    博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
    博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
    09:00
    第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
    グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
    08:10
    イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
    仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
    08:00
    NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
    本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
    01/31 火曜日
    15:59
    英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
    大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
    14:32
    TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
    日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
    13:09
    米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
    米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
    12:00
    Sudoswap、ガバナンストークンを配布
    NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア