仮想通貨開発格付けDPレーティング|同率1位にETH、EOS、LISKなど7プロジェクト

仮想通貨トークンの開発活動を評価
調査格付け機関DPレーティング社が仮想通貨のトークン開発活動監査の最新レポートを発表した。200の開発チームの活動について4要素に基づいて分析、総合評価を行なっている。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨トークンの開発活動を評価

上海に拠点を置く仮想通貨格付け会社であるDPレーティング社が、GitHubでのソフトウェア開発活動記録に基づいて、200の仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトの開発状況を分析し格付けした監査レポートの6月度版が先週公表されました。

DPレーティング社は2017年に設立され、仮想通貨投資判断の拠り所となるべく様々な種類のレポートを作成しており、同社創業者のDarpal Wang氏は「仮想通貨界のムーディーズを目指す」と語っています。

この度公表されたGitHub監査レポートは、ソフトウェア開発プロジェクトのためのソースコード共有・管理プラットフォームで、独占的な地位を占めるGitHub上で、200の各仮想通貨開発チームの活動について、4つの要素に基づいて分析し、そのポイントの合計により、総合評価を行っています。

総合評価5.0ポイントで同点1位となったのは、次の7つのプロジェクトです。

  • EOS
  • Loom Network
  • Cardano
  • Tron
  • Lisk
  • Particl
  • Ethereum

Bitcoin(ビットコイン)は、総合評価4.8で第8位、Statusが4.7で第9位となっています。

これ以外の順位に関しては、GitHub監査レポートの記事下画像にて確認出来ます。

監査の対象となった200のプロジェクトのうち、153位以下は、総合評価が0になるプロジェクトだけではなく、さらに悪いことに、プロジェクトのソースコードのレポジトリ(保管場所)自体を見つけることができないなどの理由により、評価チームがスコアを計算することさえできないようなプロジェクトも存在しました。

この範疇に入ったのは、ICOで1億フラン(112億円)を調達しながらも、現在スイスの金融市場監査局(FINMA)からの取り調べを受けているEnvionトークン(EVN)、「ブロックチェーン電話」メーカーのSURIN Labs (SRN)、ブロックチェーンに基づいた身元認証プラットフォームCivic (CVC)、そしてイーサリアムベースで、「公正な」オンラインカジノを作成するプラットフォーム、FunFair(FUN)などです。

また今月の監査により、BYTECOIN、ICON、WAXの3つのプロジェクトは、1ヶ月近くコードをアップロードしていないことが判明したとして、DPレーティング社は、投資リスクの注意を喚起するよう、投資家へ警告しています。

DPレーティング社のGitHub監査レポートの格付けの要素とその基準は、以下の通りです。

[1] ライブラリの人気度

プロジェクトに関する関心度の高さの測定。開発者コミュニティから、コードライブラリがどれほど注目されたかを、「監視中」「スター付き」「フォーク」としてマークされた平均回数を調べる。

「非常に高い」(500以上)、「高い」(100~500)、「中程度」(20~100)、「低い」(20未満)

[2] 貢献者の人数

コード/ドキュメントの追加や変更を提出して、プロジェクトに貢献した開発者の数。

「高い」(12以上)、「中程度」(6~12)、「低い」(6未満)

[3] リリースの頻度

ビットコインとイーサリアムのバージョンリリース頻度≒14.31日を基準として、新リリースにかかった平均日数をこの基準値で割ることにより、リリース頻度スコアを算出する。

「高い」(2未満)、「中程度」(2~4)、「低い」(4)

[4] コミットのタイプ

GitHubでコミット (commit)とは、ファイルの追加、変更をリポジトリ(保管場所)に保存することで、DRレーティング社の評価チームは、そのコミットの種類を六つのタイプに分類している。

  • A1:着実に、かつ継続的に新しい機能を開発
  • A2:新機能の開発後にバグの修正とテストを行っている
  • A3:当初の実行誓約に基づき、いくつかの新機能をリリースし、設定変更を行う
  • B:バグの修正とDevOps(開発・運用)のためのテスト
  • C:DevOps の設定変更
  • D:上記の範疇に該当しないもの

以上の各要素の中で、上位二つ(例=「高い」と「中程度」)がそれぞれそれぞれ1ポイントと0.5ポイントを獲得し、[4]では、A1とA2が1ポイント、A3が 0.5ポイントを獲得し、残りはポイント0として計算され、その合計が総合評価となっています。

CoinPostの関連記事

中国が第3回「ブロックチェーン格付け」を発表|EOSが連続1位、ビットコインは16位
ブロックチェーンプロジェクトを専門家が評価する中国のランキング最新版。EOSが2ヶ月連続で1位を獲得した他、Dapps検索エンジンのNebulasが3位、データ取引所のGXChainが初登場で4位にランクイン。
仮想通貨レーティングWeiss Ratings:ADA・NEO・EOSを賞賛|模倣コインに注意喚起
Weiss Ratingsは、今週初めの公式ウェブサイトの記事で、市場で最も注目されるいくつかのアルトコイン(特にADA・NEO・EOS)を好評価しました。一方で、ビットコインやZCashの模倣品に注意を促しています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用