テザーUSDT、ポルカドットでローンチ

13番目のブロックチェーン

仮想通貨ステーブルコイン発行最大手のテザーは23日、ポルカドット(DOT)ネットワークでUSDTをローンチすることを発表した。

ポルカドットはテザーが採用した13番目のブロックチェーン。ほかには、Omniやイーサリアム(ETH)ソラナ(SOL)、トロン(TRX)、アバランチ(AVAX)ポリゴン(MATIC)、テゾス(XTZ)といったブロックチェーンも利用している。

関連テゾス、テザーUSDTを導入

ポルカドットは、異なるブロックチェーンにおける相互運用性の実現を目指すプロジェクト。DOTは同ネットワークのネイティブトークンだ。

関連初心者でもわかるPolkadot(ポルカドット)|仕組みと将来性を解説

関連bitbank、国内初のアスター(ASTAR)上場実施へ

テザーのPaolo Ardoino CTOは発表で、「ポルカドットでUSDTをローンチし、デジタルトークン分野で最も流動性が高く、安定した、信頼できるステーブルコインへのアクセスをコミュニティに提供できることを嬉しく思っている」と述べた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します