CoinPostで今最も読まれています

底堅いビットコインと揺れる法定通貨、今後を見通す注目指標とは|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週(24日〜30日)の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

24日〜30日レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円は、280万円周辺で揉み合い。9月30日正午時点で、283万円周辺で推移している。

欧州株の上昇やイングランド銀行(BOE)の緊急利上げ見送りを受け、小さくアセンディングトライアングルを形成して始まった今週のBTCは、27日に保ち合いブレイクを演じ2万ドル水準を回復。しかし、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長がDeFi規制の必要性に言及したことや、セントルイス連銀ブラード総裁が世界的景気後退の可能性と積極的利上げに言及したことで、米株の下落に連れ安となり上げ幅を掻き消した。

週央に入ると、英欧金利上昇に追随した米長期金利が4%台に乗せ、BTCは270万円割れをうかがう展開となったが、BOEの国債購入発表で相場は急反転し280万円を回復。

29日には複数米地区連銀総裁らからタカ派的な発言が相次ぎ、一時は下値を試す場面もあったが、BOEの国債追加購入によるポンド高でユーロも対ドルで連れ高を演じると、BTC相場も俄に切り返し、283万円周辺の抵抗帯を試す展開となっている。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】出所:bitbank.ccより作成

今週は8月米個人消費支出(PCE)の発表を30日夜に控え、FRB関係者が相次いでタカ派的な姿勢を再度市場に認識させた。これにより米長期金利が一時は14年ぶりの水準にまで上昇し、米株市場は上値を重くしている一方、日銀の為替介入に続きBOEがポンド高を誘導するべく国債購入を決定するなど、異例の措置が続々と浮上している。韓国、中国、台湾も自国通貨安に歯止めを掛ける準備をしているとされ、第二のアジア通貨危機を防ぐのに奔走し始めた。

こうした中で無国籍通貨とも称されるBTCは底堅い。今週はポンド建てのBTC出来高が急増したとの報道もあり、法定通貨システムの不安定さが、BTCが脚光を浴びる切っ掛けに少しはなっているか。

もっとも、相場は上昇トレンドを形成しているわけではなく、足元の状況は、昨年末からの弱気相場でリスクマネーが引き上げられボラティリティが低下していると言えよう。30日の米PCEが上振れとなれば、11月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での100ベーシスポイント利上げを織り込む動きが加速し、流石にBTC相場にも向かい風となろう。

反対に、インフレ減速が確認されれば、株式市場はPCE上振れリスクを織り込んできただけにリスクオフの巻き戻しも期待されよう。また、今月こそはPCEの中長期的トレンドを示すトリム平均PCEインフレ率の上昇に歯止めが掛かるかも一緒に注目したい。同指標は政策金利の目標地点(ターミナルレート)の根拠の一つとして参照されている可能性が指摘される。

第2図:米各種インフレ指標チャート(月次)出所:FREDより作成

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:ビットコイン大幅下落、目先の底堅さに期待も

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/06 火曜日
14:45
ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブログで、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考えるユースケースを五つ選んで紹介した。
14:19
分散型永久オプション市場「Panoptic」、6億円を調達
イーサリアムブロックチェーン上で永久オプションを構築するDeFi(分散型金融)プロトコル「Panoptic」は、約6億円を調達したことを発表した。gumi Cryptos Capitalがリードインベスターを務めた。
13:30
Oasys、戦略的投資ラウンドとパブリックセール完了
日本発のゲーム特化型ブロックチェーンプロジェクトOasys(OAS)は戦略的投資ラウンドとパブリックトークンセールの完了を発表。MZ Web3 ファンドやNexonなどが出資ラウンドに参加した。
12:03
米株下落でビットコイン連れ安、アクシー(AXS)は一時前日比20%
ISM非製造業景況指数を受け米株指数が売られたことで暗号資産(仮想通貨)も冴えない。国内取引所bitbank上場が発表されたブロックチェーンゲームのアクシー(AXS)が一時20%高まで上昇した。
12:00
Aave、SonarをLens Protocolに統合
分散型ソーシャルメディアプラットフォームLens Protocolが、ソーシャルモバイルメタバースSonarの買収を発表した。今後Sonarは同プロトコルを統合していく予定だ。
11:25
米サークル社、SPACによる上場を延期へ
主要ステーブルコインのUSDCを提供する米サークル社は、ニューヨーク証券取引所にSPAC上場の相互的な解消を発表した。長期的な上場企業になる目標は依然として変わらない。
10:00
米リップル社とSEC、裁判所に最終書類を提出
米リップル社とSECは、仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る裁判で、略式判決の動議書に対する回答を提出。約2年継続した裁判は、最終局面に入ったとみられる。
09:32
ツイッター、独自仮想通貨発行か
米ツイッター社は、独自通貨Twitter Coinを開発している可能性が浮上。仮想通貨に対応した投げ銭機能で使用されるとみられ、ツイッターコインは仮想通貨である可能性がある。
09:30
レンディングのNexo、米市場から撤退
仮想通貨融資企業Nexoは、米国から数か月をかけて段階的に撤退すると発表した。米国の州および連邦規制当局との対話に行き詰まったことを理由としている。
12/05 月曜日
16:50
bitFlyer、ZPG取り扱い開始へ
国内仮想通貨取引所bitFlyerが金(ゴールド)価格との連動を目指すジパングコイン(ZPG)の取り扱いを開始すると発表。基盤技術としてbitFlyer Blockchainのmiyabiを採用している。
14:30
TEAMZ WEB 3.0 SUMMITが開催決定
TEAMZは11月29日、日本最大級となるWeb3カンファレンス「TEAMZ WEB 3.0 SUMMIT 2023」の開催日を発表。来年4月6日(水)〜7日(木)の2日間の日程で東京・虎ノ門ヒルズで開催される。
14:20
ETH時価総額、BTCを追い抜けるのか丨動画解説
なぜ有識者はイーサリアムの時価総額がビットコインを抜かせると考えるのか?大型アップグレード「マージ」で変化した重要点など、市場の売り圧力についてWeb3企業HashHubの平野CEOが解説。
13:15
運営停止中のAAX、業務再開は困難か
運営停止中の仮想通貨取引所 Atom Asset Exchangeが、FTX破綻後の次なる犠牲となるのか憶測が広まっている。11月末に辞任したコミュニケーション担当責任者は、同取引所が通常業務を再開するよりも、「法的手続きに移行する」可能性の方が高いと指摘した。
12:54
みずほやSBI、Datachainと相互運用性に関する技術連携を開始
株式会社Datachainはみずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社とSBI R3 Japan株式会社とのクロスチェーン技術における技術連携の開始を発表。相互運用性のユースケースを検討していく。
12:25
ドル指数続落で仮想通貨にも追い風、好材料のAVAXなど上昇
暗号資産(仮想通貨)ではドル指数(DXY)の続落を受けビットコインやイーサリアムが反発。アルトコイン相場では好材料の出たアバランチ(AVAX)やアプトス(APT)が上昇した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧