CoinPostで今最も読まれています

デジタル庁、「Web3研究会」初会合を実施

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Web3研究会の初会合

日本のデジタル庁は5日、第1回目となる「Web3研究会」を開催した。

NFT(非代替性トークン)、DAO(分散型自律組織)に代表されるWeb3(ウェブスリー)時代の到来に備え、各省庁の環境整備を統括し、法改正を含む環境整備を検討する部会となる。

河野太郎デジタル相は冒頭の挨拶で、Web3研究会で「Web3によって実現を目指す経済や産業・社会がどのように変わる可能性があるか検討してほしい」と方向性を示した。Web3のユースケースの便益やリスクを評価し、「社会課題を解決するツールと捉え、経済成長につなげるために必要な環境整備を議論し、年末までにまとめる」と語った。

4日には金融庁が、Web3(ウェブ3)で使われる”デジタル資産”のガイドラインについて、ルール整備を促進する方針を示したばかり。NFTなどのデジタルアイテムが、暗号資産、及び金融取引に該当するか判断基準を明確化していく。

一方、Web3研究会はデジタル社会実現に向けた各省庁の取り組みを総合的に調整する「司令塔」と位置づけられる。各省庁の検討事項は計10回行われるWeb3研究会の中で適時報告され、様々な経歴の有識者を交えて議論を重ねていく。

Web3と将来の姿

出典:デジタル庁

Web3とは現状の中央集権体制のウェブに対して、ブロックチェーンを活用して非中央集権型のネットワーク上で実現するサービスやコンテンツ、エコシステム全体を指す。

事務局説明資料によると、Web3は主に金融、資産取引、組織の3分野に分類され、暗号資産やDeFi(分散型金融)、NFT、DAO(分散型自律組織)、メタバースといったユースケースが発展している。

これにより、新たなビジネスモデル、資金・人材調達やコーポレートガバナンスの在り方が発展。来るべきWeb3時代の到来に備え、既存の規制環境の枠を超えた新しいルールの在り方が問われている。

しかし、専門領域の異なる構成員の間で共通していたのは、目まぐるしく変容するWeb3の将来像(ゴール)を決めこむのではなく、足元の事例ベースで対応できるフレキシブルな制度作成体制を構築することだ。

株式会社デジタルガレージの共同創業者である伊藤穰一氏は、個別のソーシャルムーブメントを通して法律や制度を見直すそもそも論アプローチの重要性を強調。

ジョージタウン大学のCyber SMART研究センターのディレクターを務める松尾氏や、エンジニア出身のSFライター藤井太洋氏は、インターネット発展期にトップダウンで描いたビジョンは全て外れ「エンジニアだけが残った」として、人材育成や事業支援を重視。

研究会構成員の間でさえ、Web3のコンセプトは時間軸や前提条件の面で異なってくる。規制・制度改革を見越した報告書を年末までにまとめるには、まずは視座を揃える必要がある。

そうした観点から、東京大学大学院経済学研究科の柳川範之教授は3つのステップを指摘。参加者から一定のコンセンサスを得ている。

  1. 近い時間軸(2~3年+α)でWeb3の未来像を想定
  2. 現状と異なるポイントを整理
  3. 必要な制度改革を構想

DAOの可能性

出典:デジタル庁

Web3のユースケースや影響については、冒頭の金融庁だけでなく、経産省や文化庁もNFTと著作権関係、セキュリティトークンの法制度などで個別に検討を進めている。しかし、DAOについては管轄が定められていなかった。

そのため、Web3研究会ではDAOを中心に、法律上の課題や将来的なビジネスモデルの可能性を模索していく方向性で議論が展開していく。途中では研究会自体がDAOで進行していくアイデアも持ち上がった。

柳川教授は将来的にDAOで何ができるのかのコンセプトを複数想定し、テクノロジーの進化に現状の法制度が適合していない部分を具体的に示すことが重要と指摘。現状の規制との軋轢を洗い出し、アジャイル(機敏)にプロジェクトを発足できるだけではない、法改革のコストに見合うメリットをより具体的にする必要があると述べた。

第2回Web3研究会は10月12日水曜日に開催予定。現在DAOで活動する有識者を招き、議論を深めていく。

Web3研究会の取り組みは、米ホワイトハウスが9月16日に発表した暗号資産(仮想通貨)などデジタル資産についての包括的な開発枠組みに相当する。バイデン大統領が署名した大統領令を受けて、米国の各省庁が調査を行い、政策方針に反映した。

関連:米バイデン政権、仮想通貨やNFTについての包括的な開発枠組み示すへ

日本政府は、22年6月に閣議決定した「経済財政運営と改革の基本方針2022(骨太方針2022)」において、ブロックチェーン技術を活用した次世代型インターネットとして注目される「Web3(分散型ウェブ)」の環境整備を本格化していく意向を示していた。

関連:金融庁、Web3のデジタル資産に関する「新たな市場整備」に本腰へ

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
日本の伝統文化「熊手」とNFTを融合、XYZAが新プロジェクトを発足
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。
12:59
JPモルガン「CEXからDEXへの構造的な転換には懐疑的」
米JPモルガンは、仮想通貨エコシステムで予想される今後の変化に関して、新たなレポートを発表。FTXの破綻にもかかわらず、中央集権型取引所から分散型取引所への構造的な転換には懐疑的だと主張した。
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
重要指標
一覧
新着指標
一覧