韓国金融監督院がブロックチェーン基軸の株取引システムを提唱

韓国紙Korea JoongAng Dailyの報道によって、韓国金融監督院(FSS)は「ブロックチェーン基軸の株取引システム」を提唱する報告を発表したと分かった。

同報告で、金融監督院は規制当局と企業が提唱している株取引システムの開発に参画し、世界におけるブロックチェーン基軸の証券市場の実用性の調査に向けて動き出す模様だ。

すでに、オーストラリア証券取引所(ASX)は2016年からブロックチェーンを使ったクリアリングシステムを試行しており、2017年にはNasdaqとロンドン証券取引所も各々ブロックチェーン関連応用に取り掛かり、日本取引所グループもブロックチェーン技術の応用を探求するコンソーシアムを立ち上げるなど動きが活発になる中で、韓国も加わることで、ブロックチェーンの実用性はますます期待できるだろう。

関連動画:日本取引所グループデモ

参考記事:coindesk

▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加