CoinPostで今最も読まれています

イーサリアムが直面する健全性と検閲耐性の葛藤、リレイヤーの偏重

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リレイヤーの集中化

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のブロックチェーンについて、健全性と分散性に疑念の目が向けられている。

14日に生成されたブロック(トランザクションの束)のうち51%が、米財務省外国資産管理局(OFAC)の制裁措置に準拠した形で構成された。

主な要因は、バリデーターがブロック構築を委託する“リレイヤー”が、Flashbotsという制裁準拠型のプロバイダーに偏っていることにある。

リレイヤーとは、トランザクション処理の順序アレンジからMEV(最大抽出価値)を創出し、フィーを抜いた収益をバリデーターへ還元する中継組織。最終的にはバリデーターに紐づくステーキング参加者の収益率にも関わる。

リレイヤー経由のMEV市場は、Flashbotsチームがリリースしたオークションシステム「MEV-Boost」がトップシェアを占める。執筆時点で、イーサリアム・ブロックチェーンで検証された全ブロックの57%がMEV-Boostを使用したもの。このうち80.66%がFlashbotsでリレーされた。

Flashbotsは米VC大手Paradigm社の資本提供を受けており、トルネードキャッシュ等の制裁対象のアドレス関連の取引はブロックに含めない方針だ。

トルネードキャッシュとは

取引を匿名化するミキシングサービス。本来はユーザーのプライバシーを守る目的でイーサリアムチェーン上で構築されたが、ハッキング後の資金洗浄に使用される事例が続いた。

8月9日には米国財務省外国資産管理局(OFAC)がトルネードキャッシュのスマートコントラクトを制裁対象者リスト(SDN)に指定。米国人によるトルネードキャッシュの使用や事業関係を禁止した。OFACは同サービスが2019年の創設以来、1兆円(70億ドル)以上の資金の洗浄に使用されてきたと指摘した。

▶️仮想通貨用語集

関連:米制裁対象のトルネードキャッシュ、不正流出した7,000万円相当のDAIが入金

イーサリアムの検閲耐性

イーサリアムのリレイヤーの中には制裁非準拠型もあるが、ManifoldとbloXroute(Max Profit)以外はすべて制裁準拠型である。Flashbots(MEV-Boost関連)は取引の検閲を行うため、制裁対象関連のトランザクションを除外する。

出典:mevboost.pics

MEV-BoostやFlashbotsへの集中とトランザクション検閲の増加は、イーサリアムコミュニティに重大な危険をもたらすとして度々議論の的となってきた。

イーサリアムのPoS(プルーフオブステーク化「The Merge(マージ)」をきっかけに、イーサリアム上で生成されるブロックの制裁準拠シェア監視サイト「MEV Watch」が立ち上がった。

Flashbotsも分散性を強化する方向で、より多くのコードをオープンソース化してきた。現在までに、非検閲型のMEV-Boostリレイヤーとして2つ「ManifoldとbloXroute(Max Profit)」がリリースされている。

バリデーターは経済的インセンティブに基づいて複数のリレイヤーから選択できるが、現在のところFlashbotsを使ってブロックを生成する方がより最大抽出収益(MEV)を得られる状態にあるようだ。

ヴィタリック氏の見解

イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は17日、バリデーターが特定経路のトランザクションを除外(検閲)する行為について、「容認すべき」との見解を示した。

同氏はこれをバリデーター権限を損なうような問題ではないとしたが、検閲耐性や分散性を重視するビットコインコミュニティなどから批判を集めている。

きっかけは、単体のイーサリアムバリデーター(@latetot)が意見を求めたコミュニティ投票。仮に戦時中に対戦国への寄付を行うトランザクションを排除したバリデーターが存在した場合、どのようなペナルティを受けるか聞いた。

選択肢はイーサリアムのプロトコルに基づいて、①検閲により処罰(スラッシュ)の対象となる、②強制的 (非自発的) 退場の対象になる、③容認される、の3つ。

ブテリン氏は③を選択。①や②は、「ETHコミュニティを道徳警察に変えるリスクがある」とした。

私なら「容認される」かな。スラッシングや強制退場などは、他人のブロックを大量に作り直す場合にのみ検討されるべき。ブロックに何を入れるかについて用いるべきではない。

前提として、ETHバリデーターは不正レベルに応じてペナルティ(罰則)が課される。軽度のペナルティはETH残高が削減される。一方、スラッシュでは将来のある時点で強制的に除外され、かつそれまでの期間でETH残高にペナルティが課せられる。

ブテリン氏は「バリデーターが積極的な検閲を行うことはゴールではない(望ましくはない)」としつつ、スラッシュや退場の対象ではないと述べている。「どのレベルの違反に対してどのレベルの対応が適切かが問題だ」と加えた。

Consensysによると、バリデーターがスラッシュの対象となる要因は以下の2つだ。

  • ブロック提案者として、同じスロットに2つの異なるブロックに署名する
  • アテスターと​​して、バリデーターが定期的に提出する証明に矛盾を生じさせる

スラッシュを発動するにはバリデーターの内部告発により、違反者を明確にする必要がある。違反を含む特定のメッセージがネットワークに伝播し、提案者がそれをブロックに含めると、提案者と内部告発者の両方に報酬が与えられる。

関連:制裁準拠かステーキング事業停止か、コインベースCEOがPoS版イーサリアムへの葛藤示す

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/10 土曜日
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 15:00
関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
重要指標
一覧
新着指標
一覧