CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨デリバティブ取引所Bitget、世界的サッカー選手リオネル・メッシと提携

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

メッシがアンバサダーに

大手暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所のBitgetは、世界最高峰のプロサッカー選手の1人であるリオネル・アンドレス・メッシとのパートナーシップ締結を発表した。

アルゼンチン代表のメッシは、サッカーの世界年間最優秀選手に贈られる「バロンドール賞」を史上最多7度の受賞を果たしている。

今回のパートナーシップにより、ワールドカップの1ヶ月前に映像制作を行うとした。

2018年に設立されたBitgetは、世界50カ国以上で200万人以上のユーザーにサービスを提供する。ソーシャルトレーディングサービスが特長で、ワンクリックコピートレードは、5万人以上のプロトレーダーを集め、100万人を超えるフォロワーを持つとされる。コピートレードは、対象となるプロトレーダーの取引履歴、現在の注文などのデータをフォロワーが閲覧できる。

そんなBitgetは、年に2回のトレードコンペを行っており、サッカーのワールドカップを意識した大規模なトレード大会「Bitget’s King’s Cup Global Invitational(KCGI)」をまもなく開催予定としている。前大会は、世界中から4,754名の熟練トレーダーが参加し、団体戦と個人戦で争った。

有名スポーツ選手と提携

21年9月には、セリエAで活躍するイタリアの名門サッカークラブ「ユヴェントスFC」のスポンサーとなったほか、トルコの強豪クラブ「ガラタサライFC」、esports分野では2021年のDota 2世界王者「TeamSpirit」、プレミアム国際esportsトーナメントなど世界規模のイベントプロバイダーとして知られる「PGL Major」などが含まれる。

DOTA 2は、esportsの中でも最も人気のあるイベントの1つで、マルチプレイヤー・オンライン・バトル・アリーナ(MOBA)の代表格。今年8月には、賞金総額50万ドル(7400万円)の大会「PGL DOTA 2 Major Arlington」が、米テキサス州アーリントンで開催された。

Bitgetマネジメントディレクター Gracy Chenのコメント

暗号資産取引所とスポーツの連携は、”Win-Win”の関係です。両業界を結びつける主な利点は、以下の3つだと考えています。

1つ目は、投資家の間で暗号資産の認知が急速に広まる中、一般ユーザーの間ではまだ多くの疑念やFUD(Fear, Uncertainty and Doubt)が存在しています。

暗号資産の普及を促進し、一般の方々の理解を深めるために、Bitgetでは信頼できる世界的スポーツチームや選手との提携を進めています。例えば、イタリアの名門サッカークラブ「ユヴェントスFC」。最近では、サッカー界の至宝「リオネル・メッシ」選手とのパートナーシップを結んでいます。

2つ目は、世界各地への展開です。メッシは世界でも超一流の有名選手であり、このようなパートナーシップを組むことで、地元のファンの方々にも対応できるようになると考えています。

3つ目は、ユースケースです。

”Web3”のトレンドがあらゆる業界に広がる中、ブロックチェーン技術の活用事例として、NFT、ファントークン、メタバース(仮想空間)イベントなど、スポーツ選手がコミュニティとのエンゲージメントを高めるのに役立つと考えています。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:54
BitMEX創業者アーサー・ヘイズ「中国での信用拡大はビットコインへの資本流入を促す」
仮想通貨取引所BitMEXの共同創業者で元CEOのアーサー・ヘイズ氏は、中国における信用拡大が世界市場に波及し、結果的にビットコインなどのリスク資産全般への資本流入を促進するとの見解を披露した。
14:00
SNS連携のWeb3ウォレット「TIPWAVE」公開
NextmergeがX(旧Twitter)やDiscordユーザーに便利なWeb3ウォレット「TIPWAVE」を発表。SNSとの連携で暗号資産(仮想通貨)とNFTの利用が簡単に。ソーシャルメディアアカウントに対するNFT配布も可能になる。
12:40
ビットコイン投資商品9週連続の純流入、21年11月の「強気相場」以来最大規模に
暗号資産(仮想通貨)市場では、CME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)の先物OIがバイナンスを上回る規模を拡大。CoinSharesのデータではビットコインETPなどの投資商品に21年11月以来最大の資金流入を観測した。
11:30
Jドーシー氏、ビットコイン採掘分散化推進の「OCEAN」に投資
ムーモリン社のビットコインマイニングプロジェクト「OCEAN」が620万ドル調達。ジャック・ドーシーも支援し、ブロック報酬をマイナーに直接分配する革新的なアプローチを採用。暗号資産(仮想通貨)ビットコインの分散化と発展に寄与。
10:45
香港の行政長官、仮想通貨取引所Hounax詐欺事件について発言
香港の行政長官や規制当局責任者は、仮想通貨取引所Hounaxの詐欺事件について発言し今後の姿勢を示した。また香港警察が事件概要を説明している。
09:50
チェーンリンク、ステーキング機能をアップグレード
チェーンリンクは、ステーキングの新バージョンを仮想通貨イーサリアムのメインネットにローンチしたことを発表。特化する目標や移行スケジュールを説明している。
08:30
ドル円一時147.3円 コインベース株大幅高、米FOMC理事ハト派転換か
コインベースやビットコイン採掘関連株などはFOMC理事のハト派的な発言を受けて大幅に上昇した。今夜は米7-9月期四半期実質GDP改定値が発表される。
07:45
アニモカブランズ、TONネットワーク最大のバリデータに
香港のWeb3大手アニモカブランズは28日、TONのエコシステムに投資し、L1ブロックチェーン「TON」の最大のバリデータになったと発表した。
06:50
CZ氏、バイナンスUSの取締役会会長を退任
仮想通貨取引所バイナンスの米国部門バイナンスUSは、CZ氏が同社の取締役会の会長を退任すると発表。退任はCZ氏が決断したという。
06:10
米SEC、2つのビットコインETF上場申請でパブコメを募集
米SECは新たに、Franklin TempletonとHashdexの仮想通貨現物ビットコインのETF上場申請について、パブリックコメントを募集すると発表した。承認が近いとの意見も。
05:45
バイナンス、イーサリアムフォーク銘柄のパーペチュアル取引を提供
海外版仮想通貨取引所バイナンスは28日、新たに銘柄のパーペチュアル(無期限先物)取引を開始した。
11/28 火曜日
18:47
JPYCが三菱UFJ信託とProgmat、ステーブルコイン拡張と国内外SC交換業へ連携検討
三菱UFJ信託銀行、Progmat社、JPYC社がProgmat Coin基盤を活用した新しいステーブルコイン「JPYC(信託型)」の発行に関する共同検討を開始。JPYC社は、国内外のステーブルコイン交換業者としての新たな事業展開を目指す。新たな「JPYC(信託型)」は横展開可能なモデルであり、電子決済手段として機能する予定。
16:00
「法定通貨が不可能なことをBTCで実現」Fountain創設者が語る
第9回のGM Radio:Beyond The Priceは10日に公開。ゲストはWeb3ポッドキャストアプリFountain開発企業の共同創設者Nick Malster氏である。
14:45
イーサリアム共同創設者ブテリン「ステーキングメカニズムには大規模な刷新が必要」
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、トルコで開催されたDevconnectで、ステーキングを再設計し、パフォーマンスに影響を与える問題を解決する計画だと述べた。
13:28
オーディナル導入ゲームFarcana、アニモカから投資を獲得
UAEに拠点を置くゲームスタートアップ、FarcanaがAnimoca Brandsからの投資を受け、ビットコイン賞金プール付き戦略シューティングゲームの開発を加速。Web3ゲームの先駆者として、ビットコインオーディナルを導入予定。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア