米最大の株式&仮想通貨アプリ提供する「ロビンフッド」、コインベースより一日早くイーサリアムクラシック上場へ

米最大の株式アプリと、手数料無料の仮想通貨取引プラットフォームを提供する「ロビンフッド」社は、米大手取引所「コインベース」より一日早くイーサリアムクラシック上場させた。

現時点で、BTC・ETH・BCH・LTC・DOGEにETCを加えた、全6通貨が取引可能となっている。

現在、Robinhoodを通じての仮想通貨取引は、アメリカにおける19の州で可能となっている。

またCoinbaseも、ETCの上場に向けて、最終調整に入っており、日本時間8月8日に正式追加となる予定。

この2つの朗報により、8/3時点に1500円台を付けていたETCは一時高騰。18.7ドル(2081円)前後を推移している。

参考記事:https://www.coindesk.com/robinhood-adds-ethereum-classic-to-crypto-trading-app/

CoinPostの関連記事

イーサリアムクラシック(ETC) チャート・価格・相場・最新ニュース一覧
仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)のチャート・価格・相場や、最新ニュース一覧を掲載しています。また、イーサリアムクラシック(ETC)とは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。
最大級の米株式アプリ「Robinhood」が仮想通貨価格上昇の要因となるか
ビットコインをはじめとする「仮想通貨の暴落」が止まらない中、アメリカ最大規模の株式アプリ「ロビンフッド(Robinhood)」が、2月末までにビットコインやイーサリアムの取引開始を準備中。早くも100万人を超える事前登録数を記録しています。
▶️本日の速報をチェック


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します