米国ウェストバージニア州:今年11月の中期選挙に向けたブロックチェーン投票を正式に

ウェストバージニア州はブロックチェーンベースのモバイル投票アプリを公開しており、海外派遣されている米軍は今後の選挙をそのアプリを通し、投票が可能になる。

以前同州は、Voatzアプリと呼ばれるモバイル投票プラットフォームを、予備選挙のために2カ国に配属している軍隊とその扶養家族のための試験運用として使用していた。

当時のMac Warner国務長官は、試験運用が成功した後、11月中旬に州の55のカウンティに拡大する計画だと語った。

このアプリの使用は海外派遣されている軍隊に限定されている。

選挙をアプリに置き換えするのではなく、紙による投票はこれまでと同じとのこと。

CoinPostの関連記事

米国、2018年のブロックチェーン投資額がすでに2017年総計を上回る|とてつもない成長の予兆
世界四大会計事務所の一つであるKPMGの最新レポートによると、米国における2018年上半期のブロックチェーン投資額は、すでに2017年の総計をすでに上回っていることが明らかになった。
▶️本日の速報をチェック


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します