CoinPostで今最も読まれています

1,000台以上のソラナノードのホスティングを停止 大手クラウドサービス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Hetznerの強制措置

ドイツのクラウドホスティング大手Hetzner社が、同社のホスティングサービスを利用している全ての暗号資産(仮想通貨)ソラナ(SOL)ノードへのネット接続を遮断した。

Hetznerはもともと21年5月に同社のサーバーを利用した仮想通貨マイニングの禁止について規約に明記していたが、依然としてバリデーターを含む仮想通貨関連ノードが利用を継続していた。本件のHetznerの強制措置の理由は不明だが、コスモス(ATOM)など他のネットワークにも飛び火するとの指摘もある。

今回、1,000台以上のソラナバリデーターが一時的にオフライン状態になった。RockawayXのデータによると、SOLステーキング総量の20%が未稼働状態となり、報酬を受け取れなくなるなどの影響を受けた。

なお、ソラナメインネット(β)自体はP2P方式の分散ネットワークであるため正常稼働を維持している。過去にはボット(bot)由来の大量トランザクションにより、数回に渡ってメインネットの大規模な送金詰まりが発生してきたが、本件は外部インフラプロバイダーの問題である。ステータスサイト 「https://status.solana.com/uptime」にはインシデントとして記録されるような事態ではなかった。

その後、オペレーターは別のプロバイダー(LatitudeやEquinixなど)へ移行しており、3日朝の時点で「ネットワーク不良ステーク」は10%を下回っている。

ソラナ財団は8月に「バリデーター・ヘルス・レポート」を公開しており、バリデーターネットワークが高度に分散され、拡大し続けているとして、ソラナ・ブロックチェーンの健全性を強調していた。

レポートによると、ソラナのメインネット(ベータ)は22年7月31日時点に1,900以上のバリデーターが存在。そのうち1,688(88.14%)が独立した事業者に運営されていた。22年11月3日時点にバリデーター総数は2,160に増加している。

バリデーターとは、ブロックチェーンに記録されるデータの妥当性を検証するノードのことで、対価として仮想通貨の報酬を得る。一般ユーザーも保有するSOLをバリデーターに委任(デリーゲート)できる。しかし、委任したバリデーターがオフラインになり未稼働状態になると、バリデーターとデリゲーターはともに報酬を受け取れなくなる。

各バリデーターは独立して稼働しつつ、ネットワークデータのコピーを共有・更新する。そのため、多くのバリデーターが地理的に分散していると、仮に大規模な障害が起きたとしても復旧して引き続き機能する「レジリエンシー」を高める利点がある。

関連:「バリデーター分散化が向上」ソラナ財団の8月報告

ブロックチェーンとホスティングサービス

22年8月には、ユーザーがReddit公式チャネルで「仮想通貨のブロックチェーンノードを実行することは、許可されていますか?」というスレッド(話題)を設置。Hetznerはこの回答で、イーサリアム(ETH)を含むあらゆる仮想通貨関連のノード運用を禁じていることを、改めて認めていた、

Ethernodes.orgの当時のデータによると、イーサリアムメインネット上の全ノードのうち約62%がホスティングサービスを利用しており、Hetznerはその内約17%を占めていた。その後、この数字は12%に減少。

一方、グーグルクラウドは10月28日、Web3(分散型ウェブ)ノードのホスティングサービス「ブロックチェーン・ノード・エンジンをリリース。同社はまず、イーサリアムのブロックチェーンをサポートする。

関連:グーグル、イーサリアムノードのホスティングサービスを開始

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジを小会社化
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。
07:20
Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧