CoinPostで今最も読まれています

FTXのバハマ居住ユーザー、NFTで不当出金を支援した疑い

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

バハマの抜け穴

暗号資産(仮想通貨)取引所FTXで拘束された資金を取り戻すため、一部のユーザーが高額NFTの売買などを通じて、顧客間の資金移動を図っていたようだ。

なお、FTXは11日に米連邦破産法11条(チャプターイレブン)に基づいた破産申請を行っており、NFT(非代替性トークン)を用いた抜け穴については既に封鎖されている。

チャプターイレブンは、日本の民事再生法に似た再建型の倒産法制度。経営を継続しながら負債の削減などを実施し、企業再建を行うことを目的とする。これによりFTXの顧客は預金を取り戻すために数か月~数年待たされる可能性がある。

事の発端は日曜日(日本時間7日)、約50億ドル相当の出金申請を受けたFTXは、顧客資金の出金機能の一時停止措置を取った。

しかし、FTXが本社を置くバハマの規制当局がFTX.comの運営側であるFTX Digital Marketsおよび関連当事者の資産を凍結。これに関連してFTXは10日にバハマ居住(KYC)ユーザーのみを対象に出金対応を再開した。

その後、バハマのアカウント保有者に手数料を支払って資金を引き出すサービス、いわゆる「バハマの抜け穴」が横行したようだ。中には、FTXスタッフに高額賄賂を支払ってKYC(顧客確認)を取得できたとする真偽不明の噂も広がった。

通常、取引所内で口座間の直接の資産転送はできないため、流動性の低いトークン価格を高騰させて、実質的に口座間で資産移動を図る手口が取られた。

今回、そうした媒介の一つとして、FTX NFTマーケットプレイスが利用されたようだ。実際に、11月10日〜11日にかけて、平凡なNFTの価格が公正な市場価格と比べて極端に高騰した事例が確認された。

例えば、以前は1ドル未満で取引されていた「FTX Crypto Cup 2022 Key #25162」は、11月10日に約3.5億円(250万ドル)で落札。「Ape Art #312」に至っては11日に約14億円(1,000万ドル)で落札された。

こうした数千万円~数億円規模の落札事例が増加した結果、FTX NFTマーケットプレイスは24時間で約70億円(5,000万ドル)以上の取引高を記録。2%の手数料を取るFTXの追加収益となった。

関連:FTX、破産法適用を申請 対象はFTX Japan含む130社超

FTX NFTマーケットプレイス

FTX NFTマーケットプレイスは21年10月にFTX USのユーザーのみを対象にサービスを開始したが、後に米国以外のグローバルユーザーの受け入れる形に移行する計画をBrett Harrison元社長は当時語っていた。

FTX.comのウェブサイトでは、「FTX International(.com)ではNFTの預入と発行はサポートされていない」としているが、ユーザーをFTX US NFTマーケットプレイスのサイトに誘導している。正式な規約は執筆時点で確認されていないが、FTX.comとFTX USの両方のユーザーが売買は利用できたとみられる。

バハマ非居住者を支援するアカウント保有者の身元は不明だが、彼らの行為の違法性は指摘されている。Kleinberg Kaplanのパートナーで破産弁護士のMatthew Gold氏がフォーチュン誌に語ったところによると、米国に拠点を置くユーザーが破産財団から虚偽の口実で資産を取得している場合、連邦法に抵触する可能性があるという。

関連:FTXのチャプター11申請の重要性を考察

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの二次販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア