CoinPostで今最も読まれています

FTX、破産法適用を申請 対象はFTX Japan含む130社超

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

FTXが破産申請

暗号資産(仮想通貨)取引所FTXは11日、米連邦破産法11条(チャプターイレブン)にもとづいた破産申請を行ったことを発表した。

破産申請の対象になるのは約130社で、取引所のFTX JapanやFTX US、姉妹企業のアラメダリサーチなどが含まれる。FTXのサム・バンクマン=フリード氏はCEOを退任し、ジョン・J・レイIII氏が同職に就任。世界の利害関係者のため、これから状況を精査し、負債の整理などを進める。

関連12日朝の金融市場短観|FTX破産法申請 仮想通貨市場乱高下

関連仮想通貨市場に激震、アラメダショックとFTX騒動の動向まとめ

チャプターイレブン11は、日本の民事再生法に似た再建型の倒産法制度。経営を継続しながら負債の削減などを実施し、企業再建を行うことを目的とする。アラメダリサーチの破産申請書類によると、今回の債権者の数は合計で10万超。負債は100億ドル(約1.3兆円)から500億ドル(約6.9兆円)に上るが、流動性の低い資産を含む資産も100億ドルから500億ドルあるとしている。

新たにCEOの職に就くレイ氏は、米エネルギー企業エンロンの破産を監督した経験を持つという。今回の破産申請について以下のようにコメントした。

チャプターイレブン11を即座に申請することは、我々が現状を精査し、利害関係者の資産回復を最大化するために適切な手段であると考えた。

FTXグループは、共同で有効に活用できる、価値のある資産を保有している。

そして、全従業員、顧客、債権者、株主、投資家、政府機関らに、透明性高く綿密に手続きを進めることを約束すると説明した。

なお、以下の4社は破産申請の対象にならないとしている。

  • LedgerX LCC
  • FTX Digital Markets Ltd.
  • FTX Australia Pty Ltd.
  • FTX Express Pay Ltd.

仮想通貨ユーザーへの教訓

FTX/サムの転落劇は、アラメダリサーチの財務状況の漏洩に端を発する。FTXは大手仮想通貨取引所バイナンスに買収による支援を求めたが、バイナンスは調査(デューデリジェンス)を行い、ユーザー資産の管理方法や米規制機関の動向に関する報道も加味した結果、買収はしないと決定した。

関連バイナンス、FTXの買収は行わないと正式発表

バイナンスのチャンポン・ジャオ(CZ)CEOは12日、今回の教訓として、以下のような企業や取引所、プロジェクトの利用は避けるように注意を促している。

  • 利益を生まない
  • 独自トークンを売ることで生き残っている
  • ユーザーがトークンをロックすることに対し、高いインセンティブを設けている
  • 独自トークンの総供給量は多いが、循環している数量が少ない
  • ローンを行なっている

出金について

今回のチャプター11の手続きは、仮想通貨取引所マウントゴックス(Mt.Gox)の例から見ても、長期に渡ると見られる。そのため、FTXやアラメダによるトークン資産の投げ売りへの懸念は後退した格好だ。

関連マウントゴックス、債権者が弁済情報を登録する新機能をリリース

関東財務局から行政処分を受けたFTX Japanは11日、日本円の出金サービスを再開。仮想通貨の出庫サービスについては、再開できるように取り組んでいるとした。

関連鈴木金融相、FTX Japan顧客資産の国外流出に警戒感示す

11日の20時現在で、1499回の日本円の出金を処理。今週末もオペレーションチームによる日本円出金サービスの監視を予定していると説明している。

また、FTXはバハマにおけるKYCを済ませたユーザーのみを対象に出金を再開したようだが、現在も対応を継続中。FTX USも、イーサリアム(ETH)の出金が一時停止するなどの報告があったが、のち再開したという。

FTXとは

「SBF」の通称で知られるサム・バンクマン=フリード氏が率いている仮想通貨取引所。2019年の創設後、急速に頭角を表し、業界最大手バイナンスに次ぐ大手取引所へと成長していた。

▶️仮想通貨用語集

関連日本進出した最大手仮想通貨取引所「FTX」とは |主な特徴とサービスを徹底解説

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:25
バイナンス、アルトコイン3銘柄(通貨ペア)を6月21日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン3銘柄(3つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月21日 (日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
13:50
Notcoin開発者、テレグラムゲームの今後を語る
テレグラム上の人気ミニゲームNotcoinの開発を主導したサーシャ・プロトヴィノフ氏は、持続可能で効率的なサブシステムを構築することで、ゲームを進化させていきたいとの考えを明らかにした。
12:19
SECの証券判断見送りでイーサリアム反発、仮想通貨が低調な3つの理由をCryptoQuantアナリストが解説
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムの有価証券性をめぐる米SEC調査に終止符が打たれETHが反発。CryptoQuantアナリストは、最近の相場が軟調な理由について、ビットコイン半減期の影響などマイナー売りやETFの資金フローを分析した。
11:40
Bitwise、イーサリアム現物ETFに4億円の初期投資
米仮想通貨投資企業Bitwiseは、イーサリアム現物ETFの詳細についての申請書を更新した。約4億円の初期投資を行うとしている。
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を中止し、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。
06/18 火曜日
17:29
JBA、新年度の重点課題に「申告分離課税」と「レバレッジ倍率の見直し」など
日本ブロックチェーン協会(JBA)は2024年度の役員体制を発表。代表理事に再任した加納 裕三氏は、申告分離課税とレバレッジ倍率改定などを重要テーマとして取り組む方針を示した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア