CoinPostで今最も読まれています

破産法適用申請の目的は? FTXのチャプター11申請の重要性を考察

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

チャプターイレブンの仕組み

暗号資産(仮想通貨)取引所FTXが11日に発表した米連邦破産法11条(チャプターイレブン)にもとづいた破産申請。チャプターイレブンは、日本の民事再生法に似た再建型の倒産法制度。経営を継続しながら負債の削減などを実施し、企業再建を行うことを目的とする。

22年には仮想通貨取引・融資プラットフォームVoyager Digitalや、同Celsius Networkもこのチャプターイレブンの適用申請を行ってきた。どちらも、FTX同様に22年の仮想通貨相場急落の影響を受け、財務状況が暗転したCeFi系企業だ。

この記事では、リストラと倒産を​​専門とする弁護士wassielawyerの解説を参考に、チャプターイレブンの仕組み、そしてFTXの債権者への影響について紐解いていく。

関連:FTX、破産法適用を申請 対象はFTX Japan含む130社超

チェリーピック

wassielawyer弁護士によれば、企業がチャプターイレブンの手続きに入る利点の一つは、事業者スポンサーや投資ファンドが、FTXの資産と負債の中から「有望な部門だけを選別して買収を試みるいわゆる「チェリーピック行動」が可能になること。

FTXグループ(アラメダリサーチ/FTXなど)の破産申請書類によると、負債は100億ドル(約1.3兆円)から500億ドル(約6.9兆円)に上り、流動性の低い資産を含む資産も100億ドルから500億ドルある。また、FTXグループが出資してきたプロジェクト数(ポートフォリオ)は250超え。

出典:The Block

その中から、対象事業の保有する以下のような事業や資産を、一括して引き取る施策を講じ易くなることにある。

  1. 顧客/営業権
  2. 技術
  3. 残りの暗号資産
  4. ライセンス
  5. 回収可能な貸付金

wassielawyerはデューデリジェンスの末に買収契約から手を引いたバイナンスを例に、巨大な穴を抱えるFTX Internationalやその姉妹会社アラメダを切り離し、仮想通貨投資家の資産保護が求められるローカル事業のみを救済することも可能になると語る。

もし他企業が実際にFTXの顧客を救済することを考えるなら、連邦破産法第11条の手続きからそれを行う方がはるかに理にかなっている。なぜなら、燃え盛る家屋の中に不要なものを残していけるからだ。

BloombergやFinancial Timesが匿名関係者に基づいて報じた内容によると、150億ドルの資産を保有するアラメダを支援するため、FTXから少なくとも40億ドルの資金を移管し、流動性危機のきっかけを招いたと見られている。

関連:「大失敗した」FTXのサムCEOが謝罪

FTX USの顧客資産

FTXの破産申請対象企業は全部で130社強あり、取引所のFTX JapanやFTX US、姉妹企業のアラメダリサーチなどが含まれる。

この中でとりわけ注目を集める会社は、FTXの元CEOサム・バンクマン=フリード自身が「FTX Intlernationalやアラメダの財務危機から全く影響を受けない」と指摘した、FTXとは構造上隔離された事業体FTX USだ。

wassielawyerはサム氏の発言が本心であれば、FTX USが最も魅力的な事業部門や資産として買収交渉の切り札として使用される「クラウンジュエル」になると推測。

チャプターイレブン適用申請により、FTXの現行事業は凍結され、噂される不公平な資金の流出(バハマの投資家、拘束されたTRXの1:1外部交換など)をストップしつつ、正当な債務回収方法をじっくりと模索することができる。

バイナンスにとっても、FTX USの負債を買い取り顧客資産の返済に務めることが以前よりはるかに実現可能になったわけだ。

実際のところ、破綻前にFTX自体もこうした取引を行ってきた。FTXとアラメダは、Voyager Digitalの資産を約2,000億円(14億2,200万ドル)で買収し、顧客アカウントを移管し、拘束された顧客預金1ドルに対して0.72ドルを返済する計画を進めていた。

wassielawyerはまた、「Voyagerと同様の取引をバイナンスが行うことが理想」と指摘。資金がすぐに戻ってくるわけではないが、「Voyagerのような取引が成立すれば、そう遠くない将来に顧客が出金できる世界がくる」と加えた。

一方、最悪のシナリオは顧客資金のあるFTX IntlernationalとFTX USが清算されること。債権者の手元にほとんど何も残されない。

FTXの新たなCEOには、米エネルギー企業エンロンの破産を監督した経験を持つジョン・J・レイIII氏が就任。これから134社の選別が行われていく。企業構造に不透明な部分が多いが、マーケットメイカー事業を運営してきたアラメダのローンや担保が清算され、投入資産の回収などもより現実的になったとwassielawyerは語っている。

関連:FTXのボイジャー資産買収、連邦破産裁判所から承認

破産申請後の見通し

wassielawyerはその後、FTXの債権者からの問い合わせに回答しており、資金回収に向けた今後の見通しや、訴訟手段などの関心について見解を示している。

まず、FTXグループは11月11日に破産申請を出しており、同日付けで資産記録が固定される可能性が高いこと。つまり、その後FTXプラットフォーム上のトレーディングで資産を増やしたとしても、将来的に返還される資産に影響しない可能性が高いという。

また、FTX.comで保有している資産がビットコイン(BTC)であれイーサリアム(ETH)であれ、米ドルUSD)で帰ってくる可能性が高い。

債権者としてできることは、あまりないようだ。8桁(10億円以上)~9桁の資産を預けていない限り、弁護士を立てて独自に資産を取り立てるメリットは無いとしている。また、連邦破産法第11条の適用を受けた以上、FTXへのいかなる訴訟が保留される。

一方でwassielawyerは、FTXの元CEOサム氏に対するクラスアクション(集団訴訟など)などは、別途起こる可能性が高いと見ている。

実際に、8月に破産申請をしたVoyger Digitalの幹部は、11月になって集団訴訟に直面。原告はVoygerが提供した貯蓄口座と独自トークン(VGX )が未登録証券を提供したとして、購入者への損害補償を要求している。

米法律事務所BakerHostetlerのTeresa Goody Guillén弁護士もまた、FTXのサム元CEOがこれまで自身に対して不利な発言を自ら多くツイートしていたため、今後刑事告訴もありうるとCoinpost提携メディアTheBlockにコメントした。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/27 火曜日
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
12:14
ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。
08:40
コインベース前日比+16.8%、日経平均バブル超え
仮想通貨関連株はビットコインが54000ドル台を回復したことで大幅に上昇。世界の半導体No.1であるエヌビディアが先週木曜日に発表した好決算を受けAIセクターを中心にナスダックなどは先週押し上げられたが、投資家は今週の高官発言やインフレデータに慎重な姿勢で臨もうとした格好だ。
07:50
コスモス開発企業AiB、「Cosmos Hub」をフォークへ
Cosmos Hubをフォークするため、仮想通貨コスモスの開発企業All in Bitsが最初にガバナンスチェーンのローンチを計画。フォークの背景や目的などを説明している。
07:15
コインベース、AI・DePIN関連銘柄を新規上場候補に 前日比約15%高
AI関連銘柄は今年に入って大きく値上がりしている。半導体大手エヌビディアの株価高に連れられRenderやWorldcoin、FET、NOSなどが先週トレンド入りした。
06:45
モジュラーCelestiaのライバルAvail、Founders Fundなどから40億ドル調達
Availのメインネットの具体的なローンチ予定日は開示されていないが、ローンチされればこれまでテストネットのユーザーはエアドロップが付与されると期待されている。
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
11:42
ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。
09:52
IPO株式上場目指す掲示板大手Reddit、ビットコインとイーサリアムの保有が判明
米掲示板大手Redditは、NYSE上場目指すIPOの届出書を提出。仮想通貨ビットコインとイーサリアムを財務資産として保有していると述べた。
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧