CoinPostで今最も読まれています

「大失敗した」FTXのサムCEOが謝罪

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

FTX CEOの弁解

暗号資産(仮想通貨)取引所FTXのサム・バンクマン=フリード氏(通称、SBF)は10日夜のツイートで、顧客資金流用の疑惑があるグローバル版(FTX.com)の流動性に関する近況報告を行い、謝罪を行った。

なお、米国版「FTX.USのユーザーは問題ない」という意味で除外されている。しかし、その後FTX.USは数日以内に取引を停止する可能性を顧客に伝えた。

経緯として、FTXは米Coindeskにリークされた関連会社アラメダの貸借対照表(B/S)において、FTX取引所トークン(FTT)に依存する債務超過リスクが急浮上。7日に最大手取引所バイナンスが、保有する5億ドル相当のFTTを数ヶ月間にわたって全て売却する方針を表明したことで市場が動揺。

FTXから72時間で60億ドル相当の預かり資産の外部流出が加速するなど取り付け騒ぎの様相を呈した結果、「出金停止措置」を余儀なくされるなど流動性危機に直面していた。

SBFはまず、顧客資金の出金停止措置について弁解。日曜日(日本時間7日)に、大量の出金申請に十分対応できると事前に用意した金額を上回る、約50億ドル相当の出金申請を受け、顧客資金の出金機能の一時停止に至ったという。

主な要因は、出金対応用の米ドル準備金が想定より少なかったこと。以前は1日の米ドル出金量×24倍を出金対応用として用意していたが、直近では「社内管理のラベリングの甘さ」により実際の準備金はもっと少なくなっていたという。

特にSBFは「FTX.comの資産と担保の合計値が顧客の預かり資産を上回っている」ことを強調。しかし、当面の出金申請に対応できる外部資本を調達するために投資家探しに奔走しているという。その後は、流動性の低い資産を徐々に切り崩し、必要な支払い措置を取っていく方針を示している。

顧客から我々が正しいことをしたと認められるまで、既存の担保資金の全ては顧客に向けられる。その後、新旧投資家、そして自分のキャリアのために誠実に戦ってきた従業員、そして本件に一切責任がなかった人たちに向けられる。

なお、最新情報によると、FTXの慈善事業「FTX Future Fund」チームの従業員は全員辞職したことが明らかになった。

アラメダの取引停止

次にSBFは、FTXの姉妹会社であり、マーケットメイクを手掛けるトレーディング会社アラメダの事業停止を表明。「Twitterで見かけるような奇妙なことはしていないし、大規模なことも全くしていない」と強調しつつ、「いずれにせよ、今後FTXでの取引はしなくなる」と述べた。

同氏はまた、FTX.comについて可能な限り高い透明性を備えた上で、事業継続に向けた意欲を示して締めた。

BloombergやFinancial Timesが匿名関係者に基づいて報じた内容によると、SBFは水曜日の夜、FTXが最大80億ドルの資金不足に直面し、支払能力を維持するために少なくとも40億ドルを調達できないと倒産の危機にあると投資家に伝えたとされる。

また、ロイター通信は150億ドルの資産を保有するアラメダを支援するため、SBFがFTXから少なくとも40億ドルの資金を移管し、流動性危機のきっかけを招いたとも匿名情報源に基づいて報じた。

SBFは9日、流動性危機を解消するために競合大手バイナンスに支援を求め、FTX買収に向けた法的拘束力のない合意書を締結したことを発表。その翌日、バイナンスはデューデリジェンスの末に「我々のコントロールや能力を超えている」として買収契約から手を引いた。

関連:仮想通貨市場に激震、アラメダショックとFTX騒動の動向まとめ

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア