シンガポールのVC:仮想通貨関連企業のみを対象とする投資ファンド設立

シンガポールのベンチャー・キャピタルのGolden Gate Ventures社は、1000万ドル(約11億円)の投資資本を用意し、東南アジアで仮想通貨専門のベンチャー・キャピタルを設立した。

このVCは、仮想通貨産業を次のレベルへと押し上げてくれるスタートアップなどの、大きな成長幅が見られる仮想通貨やブロックチェーン関連企業や仮想通貨取引所にのみ、投資を行っていくことを目的としている。

Golden Gate Ventures社は現在、タイに拠点を置くイーサリアムブロックチェーンスタートアップOmiseを支援している。

このVCを率いるKenrick Drijoningen氏は以下のように述べている。

ブロックチェーンは、基礎的な技術で、破壊的ポテンシャルにおいてはインターネットを凌ぐ可能性を秘めている。

CoinPostの関連記事

シンガポールのブロックチェーン企業「Zilliqa」と「インフォテリア」が事業提携
インフォテリア株式会社と、シンガポールでブロックチェーン事業を展開するスタートアップ企業 Zilliqaは、パブリックブロックチェーンに関する事業提携を行うことを発表した。この事業提携で、Zilliqa社が開発した次世代型高速ブロックチェーンZilliqaがASTERIAを介して企業内システムから容易に活用できるようになり、幅広い業界におけるブロックチェーンを使った非中央集権型アプリケーション(DApps)の導入を促進するとのこと。
シンガポール副首相は"仮想通貨取引を禁止するほどの理由はない"と主張
シンガポール中央銀行は徹底的な研究をした上で、仮想通貨取引を禁止するほどの理由がないと判断しましたが、マネーロンダリングおよびテロ資金調達の対策として仮想通貨取引所などの仲介者の規制はあると思われます。
▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加