ビットコイン急落で米ドル建6000ドルの重要ラインを割り込む|アルトコインも全面安

イーサリアムの価格急落から、アルトコイン市場全体が再度下落ムードに包まれている中で、ビットコインは下落こそ耐えていたものの、日本時間14日10時に価格が下落に傾き急落、約1時間で70万323円から、66万189円まで5%近い急落を見せた。

この下落の影響で、米ドル建で重要視されていた6000ドルのラインをついに割り込んだ。

出典:TradingView

また、ビットコイン急落前の段階で、すでに暴落相場となっていたアルトコイン市場は、フィアット建でさらに下落し、時価総額上位の通貨も20%を超える通貨が目立ち始めている。

出典:coinmarketcap

なお、カナダに本社を置く仮想通貨ファンド会社Rivemont Crypto Fundは、公式Facebook上で、2018年の第2四半期の下値サポートラインであることを理由に、米ドル建で6000ドルが重要なラインであると言及していた。

CoinPostの関連記事

仮想通貨アルトコインの価格急落も、将来性の判断は時期尚早|CNBC投資番組内
仮想通貨市場は14日、ビットコインを中心に一時的な上昇が見られたものの、再度相場が反落し、市場全体が再び下落ムードに。アルトコインとの下落率に顕著な差が見られ、月間のアルトコイン市場の下落率では、ETF延期に次いで2番目に大きな急落相場となった。
テザー砲期待で相場が好転か、加ファンドはビットコイン6000ドルの重要性を主張|仮想通貨市況
仮想通貨市場は、市場全体の時価総額を4.75兆円相当失うほどの8日以降の急下落が一服。ビットコイン価格は若干落ち着きを取り戻し、底を確認しつつテザーのファンダ要因などを契機に上昇に転じている。またカナダの仮想通貨ファンドは、ビットコインの6000ドルを重要サポートラインとし見ており、保有資産の多くを現金にして保有、待機している模様だ。
▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加