米カリフォルニア州、仮想通貨での政治献金が許可される可能性が浮上

カリフォルニア州官公庁の候補者は、もうすぐ寄付として仮想通貨を受け入れることが可能になるかもしれない。

米国時間木曜日に、政府機関のCalifornia Fair Political Practices Commissionは、候補者がキャンペーンの一環として仮想通貨を受け付け可能かどうか含めた、カリフォルニア州が直面している選挙問題を議論するため議会が開かれた。

結果として、長官達は、聴聞会で提案されたどの改正案の採用を認めず、今回の問題を全く理解していないことを認めたという。

この聴聞会でAlice Germond議長は、仮想通貨の定義が必要であるとした上で、以下のように述べている。

ビットコインは米国ドルのような国家通貨ではなく、ユーロのような全体性を持つ通貨ではないかと思っているが、これについてはより多くの意見を聞きたいと考えている

この改正案は今回の議会で正式に可決されなかったが、来月再びこの問題について話し合う予定となる様だ。

参考記事:California Is Open to Allowing Crypto Political Donations

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

カリフォルニア州:ブロックチェーン上の記録が法的拘束力を持つようになる?
カリフォルニア州議会に、スマートコントラクトなどを法的に規定するための法案が提出されました。この法案では、ブロックチェーン上の記録や署名が法的拘束力を持つことを要求します。アリゾナ、バーモンド、フロリダでも似たような法案が提出されています。
ブロックチェーンETFを扱う米国企業、100億円規模の「仮想通貨ヘッジファンド」設立へ
ブロックチェーンベースのETFを扱う米国Reality Shares社は、1億ドルのマルチ戦略・仮想通貨ヘッジファンドを設立予定。すでに2500万ドルの運用資金を有しており、仮想通貨ファンドとして、「裁定取引、投機、戦略」の3つの要素を併せ持つ予定だ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します