英国で増加するビットコインなどの仮想通貨詐欺、被害額は2億7000万円以上

2018年の8月17日のロイター通信の報道で、英国の監視委員である金融行動監視機構 (FCA)によると、英国内で仮想通貨詐欺が増加しているという。

詐欺師たちは”投資パッケージ”という投資商品で勧誘している。

監視委員が発表した報告書によると、被害者たちは250万ドル以上(約2億7千万円)もの被害が出ており、詐欺師は有名人の写真を使い勧誘している。

ほとんどの詐欺がオンラインで行われており、ビットコインやイーサリアムのような主要仮想通貨で決済が行わている。

FCAによると、ほとんど詐欺ウェブサイトは英国で運営を主張しているが、実際はオフショア(海外)で活動している。

参考記事:Bitcoin and Other Cryptocurrency Fraud on the Rise in Britain

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ビットコイン詐欺:容疑者引き渡し問題が注目されている
ギリシャの裁判所がビットコインを利用した詐欺の疑いで逮捕されたAlexander Vinnik氏の身柄引き渡しについて、アメリカとフランスに続き新たにロシアが引き渡しを要請したとAP通信が報じた。
仮想通貨詐欺事例|仮想通貨投資の詐欺手口とは?
金融庁に登録されている仮想通貨交換業社の一覧、仮想通貨投資の実際の詐欺手口やそれに巻き込まれることを避けるために確認するべき点を紹介しています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加