“法定”仮想通貨ペトロが8/20よりベネズエラで導入か:1PTR=60ドルで固定

8/20にデノミ、1ペトロ=60ドルで提供開始?
現在、ベネズエラでは経済混乱により大幅なインフレが起き、法定通貨の著しい価値低下が問題となっている。オイル価格に裏付けされた法定仮想通貨ペトロは、ベネズエラ経済を安定化させるカンフル剤となり得るだろうか。
ボリバルとペトロ
8/20には、ペトロの交換が開始すると同時に法定通貨のデノミも行われる。ペトロはあくまで新規法定通貨ボリバル・ソベラノの安定を図るためのペッグ通貨として運用される意向だ。

8/20にデノミ、1ペトロ=60ドルで提供開始?

現在、ベネズエラでは経済混乱により大幅なインフレが起き、法定通貨「ボリバル・フエルテ(Bolivar Fuerte)」の著しい価値低下が問題となっています。

IMFによると、ベネズエラではインフレ率が今年末までに100万%を超え、通貨ボリバル・フエルテは世界で最も価値を低下させた法定通貨の一つとなるだろうと予想されていました。

8/20には、従来の法定通貨であるボリバル・フエルテから新法定通貨「ボリバル・ソベラノ(Bolivar Aoverano)」への移行が行われ、通貨単位が1/10000に切り下げられるデノミが行われます。

すなわち、1ボリバル・ソベラノ=10000ボリバル・フエルテのレートで交換がなされ、8/20以降はボリバル・フエルテの価値は失われてしまいます。

一方、新規法定通貨が発行されるのと並行して、ベネズエラでは目下”法定”仮想通貨である「ペトロ(PTR)」の発行が計画されてきました。

8/20には、新規法定通貨への移行と同時に、仮想通貨ペトロについても取引が開始されます。

ボリバル・ソベラノとペトロ

ベネズエラの大統領Nicolás Maduro氏が明らかにしたところによると、ペトロの価格は1PTR=60ドルで固定されます。

この価格は、国際市場における1バレル当たりのオイルとほぼ同じ価格に設定されています。

また、この国家仮想通貨は新法定通貨のボリバル・ソベラノを用いて購入することも可能です。

1PTRは3600ボリバルで購入可能であり、この額は旧ボリバルで換算すると3億6000万旧ボリバルとなります。

新たなボリバルはオイルに裏付けされた仮想通貨ペトロに支えられることとなり、価格の安定が期待されています。

最低賃金の引き上げ

さらにMaduro氏は、南アメリカの社会経済的な状況を向上させるための一連の政策として、ペトロによる新たな最低賃金の設定を試みています。

大統領が明らかにしている情報によると、同国の月あたり最低賃金は0.5PTR(1800ボリバル・30ドル)にまで引き上げられ、これは現在の最低賃金水準の60倍にも上ります。

この施策には、価格が安定しているペトロを用いて最低賃金を定めることで新法定通貨の安定化を図る意向があります。

CoinPostの関連記事

ベネズエラ:仮想通貨に価格連動させる新法定通貨を発表
ベネズエラで、新通貨の流通が8月20日から開始することを発表された。新通貨は、現在の法定通貨ボリバル・フエルテの単位を5桁切り下げるデノミを行い、さらに石油価格と政府の信頼性で価格決定する仮想通貨”ペトロ”にペッグする通貨となる予定。
ベネズエラ:インドに対して仮想通貨Petro決済で原油30%OFFを提示
アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏は、アメリカ市民による仮想通貨Petroの購入を禁じ、ベネズエラ国会でも憲法違反に当たると主張。Business Standardでは、Petroが石油に裏付けられていたとしても、それは中央集権的通貨に変わりはないと指摘しています。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら