CoinPostで今最も読まれています

急増する仮想通貨プロジェクトの「ラグプル(出口詐欺)」、その手口とは?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ラグプル(出口詐欺)の増加

ブロックチェーン監視プラットフォームのSolidus Labsは22日、スキャム(詐欺)機能を組み込んだ暗号資産(仮想通貨)を活用する「ラグプル(出口詐欺)」が、2022年に急増したことを報告した。

12月1日までに年間で作成されたスキャム(詐欺)トークンの総数は117,629件、2021年の83,400件からは41%増となった。

全体のうち、最もスキャムトークンが多いブロックチェーンはBNBチェーン(12%)、次点でイーサリアム(8%)となった。Solidus Labsは、12種類のEVM(イーサリアム仮想マシン)互換チェーンにおいて、2020年以降に展開されたすべてのトークンのソースコードをスキャンしており、その総数は180万トークンに及ぶ。

117,629件もの総数は、1時間に15件のペースでスキャムトークンが発行されてきたことを意味する。この影響により、22年だけでおよそ200万人の投資家が被害を受けた。破綻した仮想通貨関連サービスFTXやCelsius、Voyagerの債権者数の合計(180万人)を上回る規模となった。

ラグプルとは、開発者が仮想通貨を作成して投資家に購入させた後、不当にプロジェクトの資金を持ち逃げしたり、大量に売却したりする「出口詐欺」の総称だ。DeFiやNFTプロジェクトの開発者などの運営側が、密かに仮想通貨のプールから流動性を引き抜いて持ち逃げするなどの事例がある。

関連:SudoRareがオフラインに 1億円相当の仮想通貨を持ち逃げか

ハード・ラグプルの事例

Solidus Labsはまた、ハード・ラグプルとソフト・ラグプルの2つに分類している。ハード・ラグプルは、スマートコントラクトに詐欺的な機能を組み込んだもの。購入できても売却できない「Honey Pot」のほか、DEXの流動性プール(マーケットメイカー)から出金できない「Liquidity Pool Blocks」など、機能を制限する種類がある。

他にも、法外な取引手数料を徴収したり、密かにNFTのダブルを作成したり、ウォレット上のトークンを勝手に移送したり、トークンの保有残高を改ざんするなどの手口がある。

ハード・ラグプルの中で22年に最多となった手口は「Honey Pot」であり、98,442件のコントラクトが検出された。以下のように、売却できない制約の付いたトークン価格は上昇し続けるため、強欲なユーザーが騙されて購入する傾向がある。

また、創設者がコントラクトの所有権を放棄したと見せかけ、実際には取引停止、トークンの増刷、手数料の設定などコントラクトを書き換えて資金を奪う「Fake Ownership Renunciations」も、48,974件と多かった。

Honey Potを用いた代表例としては、“21年”11月頃に数日間で45000%増加した「イカゲーム(SQUID)」がある。その上昇率から主流メディアで取り上げられたが、最終的には創設者が流動性プールの資金を抜き取って売却(ダンプ)し、約4億円(330万ドル)を稼ぎだした。

一方、ソフト・ラグプルは、詐欺師のヒューマンリソースに基づいたアナログなものだ。トークンを宣伝するために、虚偽なパートナーシップを含むマーケティングやロードマップを公開したり、ボットを使ってTwitter、Discordなどのソーシャルメディアでトークンに関する肯定的な情報を拡散したり、取引量を偽造するなどの手口がある。

Solidus Labsとは

米国ニューヨークを本拠とするSolidus Labsは、スマートコントラクト詐欺とアンチ・マネー・ローンダリング(AML)を結びつける監視ツール「Solidus Threat Intelligence」を提供している。

Solidus Labsによると、2020年9月以降、スキャムトークンに奪われたイーサリアム(ETH)約1,500億円相当が、153の仮想通貨取引所を通過して、最終的に現金化された。

これらの多くは米国、セイシェル、バハマ、オランダ、香港の規制当局の管轄下にあるが、マネーロンダリング防止や投資家保護が不十分な現状を示している。Solidus Labsは以下のように指摘した。

(スキャムトークンを使った)盗難は、消費者保護、マネーロンダリング防止、仮想通貨市場の完全性における重大なギャップを明示する。

関連:仮想通貨ソラナ(SOL)、ステーキングの手数料詐欺に警戒

(編集済み)
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア