CoinPostで今最も読まれています

急増する仮想通貨プロジェクトの「ラグプル(出口詐欺)」、その手口とは?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ラグプル(出口詐欺)の増加

ブロックチェーン監視プラットフォームのSolidus Labsは22日、スキャム(詐欺)機能を組み込んだ暗号資産(仮想通貨)を活用する「ラグプル(出口詐欺)」が、2022年に急増したことを報告した。

12月1日までに年間で作成されたスキャム(詐欺)トークンの総数は117,629件、2021年の83,400件からは41%増となった。

全体のうち、最もスキャムトークンが多いブロックチェーンはBNBチェーン(12%)、次点でイーサリアム(8%)となった。Solidus Labsは、12種類のEVM(イーサリアム仮想マシン)互換チェーンにおいて、2020年以降に展開されたすべてのトークンのソースコードをスキャンしており、その総数は180万トークンに及ぶ。

117,629件もの総数は、1時間に15件のペースでスキャムトークンが発行されてきたことを意味する。この影響により、22年だけでおよそ200万人の投資家が被害を受けた。破綻した仮想通貨関連サービスFTXやCelsius、Voyagerの債権者数の合計(180万人)を上回る規模となった。

ラグプルとは、開発者が仮想通貨を作成して投資家に購入させた後、不当にプロジェクトの資金を持ち逃げしたり、大量に売却したりする「出口詐欺」の総称だ。DeFiやNFTプロジェクトの開発者などの運営側が、密かに仮想通貨のプールから流動性を引き抜いて持ち逃げするなどの事例がある。

関連:SudoRareがオフラインに 1億円相当の仮想通貨を持ち逃げか

ハード・ラグプルの事例

Solidus Labsはまた、ハード・ラグプルとソフト・ラグプルの2つに分類している。ハード・ラグプルは、スマートコントラクトに詐欺的な機能を組み込んだもの。購入できても売却できない「Honey Pot」のほか、DEXの流動性プール(マーケットメイカー)から出金できない「Liquidity Pool Blocks」など、機能を制限する種類がある。

他にも、法外な取引手数料を徴収したり、密かにNFTのダブルを作成したり、ウォレット上のトークンを勝手に移送したり、トークンの保有残高を改ざんするなどの手口がある。

ハード・ラグプルの中で22年に最多となった手口は「Honey Pot」であり、98,442件のコントラクトが検出された。以下のように、売却できない制約の付いたトークン価格は上昇し続けるため、強欲なユーザーが騙されて購入する傾向がある。

また、創設者がコントラクトの所有権を放棄したと見せかけ、実際には取引停止、トークンの増刷、手数料の設定などコントラクトを書き換えて資金を奪う「Fake Ownership Renunciations」も、48,974件と多かった。

Honey Potを用いた代表例としては、“21年”11月頃に数日間で45000%増加した「イカゲーム(SQUID)」がある。その上昇率から主流メディアで取り上げられたが、最終的には創設者が流動性プールの資金を抜き取って売却(ダンプ)し、約4億円(330万ドル)を稼ぎだした。

一方、ソフト・ラグプルは、詐欺師のヒューマンリソースに基づいたアナログなものだ。トークンを宣伝するために、虚偽なパートナーシップを含むマーケティングやロードマップを公開したり、ボットを使ってTwitter、Discordなどのソーシャルメディアでトークンに関する肯定的な情報を拡散したり、取引量を偽造するなどの手口がある。

Solidus Labsとは

米国ニューヨークを本拠とするSolidus Labsは、スマートコントラクト詐欺とアンチ・マネー・ローンダリング(AML)を結びつける監視ツール「Solidus Threat Intelligence」を提供している。

Solidus Labsによると、2020年9月以降、スキャムトークンに奪われたイーサリアム(ETH)約1,500億円相当が、153の仮想通貨取引所を通過して、最終的に現金化された。

これらの多くは米国、セイシェル、バハマ、オランダ、香港の規制当局の管轄下にあるが、マネーロンダリング防止や投資家保護が不十分な現状を示している。Solidus Labsは以下のように指摘した。

(スキャムトークンを使った)盗難は、消費者保護、マネーロンダリング防止、仮想通貨市場の完全性における重大なギャップを明示する。

関連:仮想通貨ソラナ(SOL)、ステーキングの手数料詐欺に警戒

(編集済み)
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/23 火曜日
07:35
トランプ氏再選でビットコインが米国準備金に? 専門家の見解
米政府が仮想通貨ビットコインを準備金にすることは不可能ではないとDAIMのCEOが発言。この政策は共和党のDonald Trump氏が今週のイベントで発表するとの憶測が広まっている。
07:00
仮想通貨取引所Gate、日本国内向けのサービス提供終了
海外の仮想通貨取引所Gateは22日に日本の金融規制を遵守するために、日本国内向けのサービスを終了することを発表した。
06:30
米政府、6.26億円相当のビットコインをコインベースへ送金
米政府は未だ2.27兆円の価値に相当する21.3万 BTCの仮想通貨ビットコインを保管している。
06:00
米SECがイーサリアム現物ETFを最終承認、取引は23日より開始へ
SECは各仮想通貨イーサリアム現物ETF銘柄への最終承認(S-1登録)を行い、正式にゴーサインを出している。
05:45
東証上場メタプラネット、2億円相当の仮想通貨ビットコイン買い増し 
ビットコインが週末に上昇したことや買い増しを続けていることが好感されメタプラネットの株価は月曜日に19.31%上昇した。
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア