ソフトバンクに続き、中国テック最大手のテンセントも仮想通貨マイニング大手Bitmain社へのIPO投資を否定か

香港主力経済新聞サイト aastocksによれば、Softbank社に続き中国テック最大手テンセント社も、香港取引所へ世界最大規模IPOを目指すBitmain社へ投資を行なっていないと言及した。

8月19日に、コインポストはソフトバンク社の関係者もプレIPOに関与していないと主張したが、実際のところ、どんな巨額投資を受けているのか未だ真実は不透明なままだ。

Bitmain社、IPOでの資金調達額は約180億ドル(約1兆9800億円)を目指している。

これが達成されれば、Facebook社を凌ぐ過去最大のIPOとなるため世界中からの注目が集まっている。

なお、今回否定されたソフトバンクグループやテンセント社が参加していたとされたBitmain社のプレIPOラウンドは、すでに150億ドル近く調達していると報道されており、結果として世界最大規模のIPOとなることは間違いがなさそうだ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

Ripple CTO:「Wechat有するテンセントがリップルへ出資」の報道は公式情報ではないと否定
28日にCoinPostの取材にて、Ripple社CTO Stephan Thomas氏は「Wechat有するテンセントがリップルへ出資」という情報を否定し、リップル社は何も発表していないことを強調しました。また、近日インタビュー記事を公開予定です。
ソフトバンク:仮想通貨マイニング業界最大手BitmainへのIPO投資報道を否定か
Bitmain社が香港証券取引所へのIPOを計画しており、プレIPOでは150億ドルを調達したことが中国メディアQQNewsによって報道された。同報道機関はソフトバンクが資金調達に関わったと報道したが、Cointelegraphの取材によると同社はBitmain社への出資を否定している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら