CoinPostで今最も読まれています

「相場回復はV字型ではなくU字型」Bitwiseが2023年の仮想通貨業界を予測 

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

市場の回復を予測

米暗号資産(仮想通貨)投資企業Bitwiseは11日、投資家向けの書簡で2023年の仮想通貨市場に関する10大予測を発表した。

過去最大級の弱気相場を経て市場の回復は容易ではないが、最終的にコロナ・ショックの時のような「V字型」ではなく「U字型」の回復を見せ、次の強気相場は過去最大のものになるだろうと述べた。

仮想通貨市場は歴史的に、3年の上昇期と1年の調整期という4年周期で動いており、2022年はそのパターンに合致しているとBitwiseは指摘。2023年は市場が回復基調に向かうと考えているという。ビットコインの半減期もちょうど4年に1度である。

同社は、イーサリアムのマージやスケーリング技術の向上など、技術面での着実な進歩を市場回復の根拠として挙げる一方で、マウントゴックス(Mt.Gox)の弁済の一環で大量のビットコイン(127,000BTC)の行方やマイニング業界の苦境など、さらなるリスクに言及。市場の回復は次の強気局面までは一定期間、横ばいで推移する「U字型」のパターンとなると予測した。

マウントゴックスとは

2010年から2014年にかけて運営された、東京を拠点とする仮想通貨取引所。ハッキング被害によって閉鎖しており、これをきっかけにして、取引所がハッキングされたり、誤送信などで仮想通貨を失ったりすることを「GOXする(ゴックスする)」と呼ぶ慣習が生まれた。

▶️仮想通貨用語集

関連:マウントゴックス、債権者の弁済期限日などを延長

高速かつ安価な取引実現へ

Bitwiseは、当初から仮想通貨に期待されていた「高速化つ安価な取引」が、2023年には現実となると予測。計画されているイーサリアムのアップグレード(EIP4844)と、レイヤー2ソリューションの進歩により、イーサリアムの低金取引コストが1,000%以上削減されることになるとみている。

レイヤー2(L2) (セカンドレイヤー)

レイヤー2とは、「2層目」のブロックチェーンのこと。取引履歴の一部をオフチェーンやサイドチェーンに記載するようにすることでメインチェーンへの負荷軽減や処理速度向上を期待することができる。

▶️仮想通貨用語集

取引コストが、0.1円以下のレベルに達する意味はとても大きいとBitwiseは指摘。仮想通貨ネットワークがVisaなどの決済より優位になるだけでなく、ゲームやソーシャルネットワークなど金融取引以外の用途が広がるという。例えば、投稿費用がほぼ無料になった場合、安全で公平、公正な「分散型のツイッター」が実現する可能性もある。

Bitwiseは、すでにこのコンセプトに取り組んでいるプラットフォームもあるが、市場はまだ、その重要性を認識していないと指摘。2023年には仮想通貨市場を刷新し、今後数年間で、世界を再形成することになると主張した。

イーサリアム関連の予測

Bitwiseはイーサリアムに関して以下の2つを予測した。

  • 「上海アップグレード」後、ステーキングされるETHの量が50%以上増加する
  • ETHの流通総量が1%減少し、デフレとなる

今年3月頃の実施が見込まれている、イーサリアムの時期アップグレード「Shanghai」(上海)ではステーキングされたETHの引き出しが可能になる。Bitwiseは、ステーキングの解除が可能になることで、これまで無期限のロックアップ期間に躊躇して傍観していた投資家が、一気に利回りを稼ぐためにステーキングを始めるだろうと予測。その割合が「爆発的に増える」と主張している。

関連:3月予定の上海アップグレード、イーサリアム市場に与える影響は?

また、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)以降後、ETHの流通供給量は年率0.011%の増加とほぼ横ばいだったが、今年はイーサリアムネットワークへのアクセスが大幅に増えるとBitwiseは予想。バーン(焼却)されるETHが増加するため、ETHの流通総量が1%以上減少することになると主張した。

バーン(焼却)

バーンとは、仮想通貨の供給量を減らす仕組みで、株式の「自社株買い」に類似している。

▶️仮想通貨用語集

その他の予測

Bitwiseはその他、以下のような予測を発表している。

  • 暴落している米仮想通貨取引所コインベースの時価総額(株価)が、2022年末水準から2倍以上反発する
  • 仮想通貨と株式の正の相関は急低下し、+0.5を下回る(マクロ要因の影響が弱まる)
  • 米国で少なくとも1つの仮想通貨法案が可決成立する
  • USDCの市場シェアがUSDTを超える:投資家が透明性と健全な規制を重視
  • 第4四半期に分散型取引所Uniswapの取引量がコインベースを上回る(中央集権型取引所からの脱却)
  • 仮想通貨ユニコーン企業の経営破綻も起こり得る

さらにBitwiseは、2023年にブロックチェーンが果たす新たな役割として、「ビッグテック関連問題の解決策」となることを付け加えた。

現在、メタやアップル、ツイッターなどのビッグテックは「独占的な支配力」を持ち、ユーザーの利益が優先されていないと同社は指摘。一方、ブロックチェーン技術によって、企業ではなくユーザーに恩恵を与えるネットワーク作りが可能になると主張している。

例えば、誰でもアクセス可能だが、個人や企業、国家でさえもその動作方法を変更できないイーサリアムネットワークは「最初の公共コンピュータ」とも考えられる。その仕組みはフェイスブックなどとは対照的で、インターネットに近いと説明した。

このようなポジティブな側面を押し進めることで、仮想通貨に懐疑的な人々が応援したくなるような、新たなストーリー作りが重要だとBitwiseは強調した。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/16 火曜日
15:30
分散型5G通信事業者目指すHelium Mobile、登録者10万人を超える
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、登録者数が10万人を突破したと発表した。今年1月からの半年で7万人増加した形だ。
12:58
ブラックロックCEO、ビットコインの「デジタル・ゴールド」としての役割を評価
最大手資産運用会社ブラックロックのラリー・フィンクCEOは、仮想通貨ビットコインにデジタルゴールドの役割があることを認めた。
12:33
ビットコイン・カンファレンス、トランプ前大統領のため24億円を調達予定
仮想通貨カンファレンス「ビットコイン2024」は、トランプ前大統領のため約24億円の資金を集めるイベントを開催する見込みだ。
12:18
ビットコイン急反発で1000万円の大台回復、米大統領選のトランプ優勢など好感される
暗号資産(仮想通貨)相場は円建てで1000万円台を回復したビットコインが牽引し、現物ETF承認を控えるイーサリアムなど全面高に。討論会や銃撃事件などを経て、米大統領選におけるトランプ優勢が市場に好感されている。
10:20
トランプ氏、仮想通貨な肯定的な議員を米副大統領候補に選出
ドナルド・トランプ氏は、仮想通貨な肯定的なJ・D・バンス上院議員を米副大統領候補に選出。バンス氏は過去にSECの対応を批判したことがある。
10:09
イーサリアム現物ETF、23日に取引開始か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFの取引が、23日から米国で開始される可能性が浮上した。現在、ETF発行企業は申請書類の最終版を提出するよう要請されているという。
07/15 月曜日
17:28
「トランプ陣営の仮想通貨支持は選挙戦略に過ぎない」アーサー・ヘイズ氏は懐疑的な見方示す
仮想通貨取引所BitMEXの創業者で前CEOのアーサー・ヘイズ氏は、仮想通貨コミュニティに対し、強力に仮想通貨支持を打ち出すトランプ陣営の戦略を盲信しないように注意を喚起した。
12:47
仮想通貨企業へのVCの投資意欲、4~6月も改善傾向=ギャラクシーデジタル
ギャラクシーデジタルは2024年第2四半期における仮想通貨企業への投資市場を分析。Web3やビットコインL2が活発だと報告した。
12:46
トランプ前大統領、予定通りビットコイン・カンファレンスに出席意向
ドナルド・トランプ前大統領の暗殺未遂事件が全米を揺るがしたが、「ビットコイン2024」はトランプ氏のイベント登壇予定に変更はないことを報告した。
09:00
deBridgeのエアドロップ機会 ポイ活で仮想通貨DBRを獲得する方法
「deBridge」の特徴や使い方を詳しく解説。仮想通貨DBRトークンのエアドロップ情報も紹介。ポイント活動でのエアドロップが期待されています。
07/14 日曜日
15:00
AI・DePIN銘柄RNDRとIOの買い方 DEX使用
2024年の生成AIモデルやエヌビディアの躍進により、Render Networkとio.netが注目される。暗号資産(仮想通貨)RNDRとIOの特徴、将来性、買い方について解説。
11:30
ビットコイン値固め、ドイツのBTC売り圧解消なら相場にプラス|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、マウントゴックス(Mt.Gox)懸念などで900万円割れまで暴落した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。来週以降は、アク抜けからの復調までもう少しの辛抱か
11:00
週刊仮想通貨ニュース|Bitwise幹部によるBTC価格予想に高い関心
今週は、Bitwise幹部によるビットコイン価格予想、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析、米共和党による仮想通貨支持発表に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|ビットコイン売り圧・BONK焼却・バイナンスの上場廃止など
今週は米6月CPIが相場へ影響を及ぼしたほか、ドイツ政府のビットコイン売りでの異変や、ソラナに関連する重要なアップデートなど複数の仮想通貨銘柄情報も注目されている。
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/17 16:30 ~ 17:30
その他 オンライン
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧