CoinPostで今最も読まれています

「大企業が続々と参入するWeb3.0とは?」CoinPostが1/25(水)に企業向けセミナーを開催 企業向けWeb3連続セミナーの受付も開始

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

1月25日にWeb3セミナー開催

国内最大手の仮想通貨・ブロックチェーンメディア「CoinPost」を運営する株式会社CoinPostは、国内事業者向けにWeb3に関する連続セミナーを毎月開催します。連続セミナーの初回を、「Web3基礎講座 仮想通貨とブロックチェーンの基礎を学ぶ」と題して1月25日(水)開催、参加者を募集しております。

申し込みフォーム

本セミナー開催背景

22年11月28日に発表された「スタートアップ育成5か年計画」にて、ブロックチェーン技術とWeb3(分散型ウェブ)の税制を含む環境整備を進める、と岸田政権が明言しました。

参考:岸田政権、Web3スタートアップ育成の環境整備に向けたロードマップ示す

国内ではスクウェア・エニックス社、海外では大手コーヒーチェーンのスターバックスコーヒーやなどがブロックチェーン技術の活用を発表していることは、日々のニュースで目にしたことのある人も多いと思われます。

参考:スクエニ年頭所感「ブロックチェーンゲームにさらに注力」

参考:スターバックスNFT、ベータテスト開始

しかしながら、こうした動きの背景にあるWeb3の概念やブロックチェーン技術の理解のハードルが高く、「興味はあるが実際の導入検討には至っていない」「上司から検討を依頼されているが、どこから手をつけたらいいのかわからない」等の声を企業担当者から相談を聞いてきました。

弊社がこれまで培ってきた国内外のブロックチェーン活用事例に関する知識や経験豊かな事業者との関係をもとに、1社でも多くの企業をサポートすべくセミナーを開催することに致しました。

1月25日に開催するセミナーは、7月まで定期的に開催されるWeb3に関する国内事業者向けセミナーシリーズの初回にあたります。そのため、内容も2回目以降のセミナーで得られる知見を、より吸収しやすくするため、基礎的な内容を凝縮してお届けする予定です。

申し込みフォーム

座学から事業活用まで一気通貫でサポート

全7回で構成される連続セミナーでは、1回ごとに異なるテーマを設定、業界の先端で活動する有識者や企業を講師としてお呼びする予定です。すべてのセミナーにご参加いただくことで、Web3関連事業を立ち上げるために必要な視座や知識を学ぶことができます。

また、国内外のWeb3企業が一堂に会する大型カンファレンスを7月25日(火)・27日(水)に開催いたします。本セミナーの座学で学んだことをもとに国内外の起業家や学生らのアイデアピッチを聴く機会や、Web3企業とのマッチング機会の提供を予定しております。

関連:CoinPost主催のWeb3大型カンファレンス「WebX」、東京国際フォーラムで開催

セミナーに複数回参加いただくと、セミナーで学んだことをカンファレンスでの講演や事業者とのコミュニケーションを通じてより深く理解・納得できるだけではなく、事業の立ち上げに際して協力要請できるコンサルティング企業や開発企業との関係構築にもご活用いただけます。

ひとつひとつのセミナーは独立しているため、一度ご参加いただくだけでも得るものは必ずあると自信を持っております。しかし、ひとつでも多くのセミナーにご参加いただくことで、カンファレンスに参加する時間をより有意義にできるものと信じております。

Web3への参入に興味がある一方で、どのようにインプットしたり関係構築したりするのが最適なのか。判断に迷われている事業者にとって必要な情報を厳選してお伝えします。

申し込みフォーム

▼こんな方にオススメ

  • Web3がビジネスに与える影響をいち早く知りたい
  • Web3に関する情報収集をしたいが、どこから手をつけていいのかわからない
  • 自社サービスなどに、ブロックチェーンやNFTをどのように導入したらいいのかわからない

申し込みフォーム

▼セミナー概要

日時:2023年1月25日(水) 17:00〜18:30

アジェンダ:
17:00〜17:15 開会挨拶、セミナー事業についてアナウンス(CoinPost 各務)
17:15〜18:15 セミナー、質疑応答(あたらしい経済 設楽)
18:15〜18:30 カンファレンス「WebX」関連アナウンス(CoinPost 各務)


参加可能人数:オンライン参加者の上限が迫ってきております。お早めにご予約ください。
※東京タワーのオンサイト会場でのセミナーは、招待者のみご参加いただけます。

セミナー参加費:無料

申し込みフォーム

▼参加申し込みについて

セミナーの様子はオンライン配信いたします。後日、登録フォームに入力いただいたアドレス宛に配信URLをお知らせ致します。申し込みは以下のページからお願い致します。

申し込みフォーム

※申し込み時にご提供いただいた情報は、弊社のイベント受付管理や各種ご案内(サービス・イベント等)に利用させていただきます。
※一部の環境にて、送信ボタンが表示されない不具合が報告されております。送信ボタンが見つからない場合には、異なるブラウザにフォームURLを入力・お申し込みをお願い致します。

▼登壇者プロフィール

各務貴仁(かがみ たかひと)氏
株式会社CoinPost 代表取締役CEO
仮想通貨・ブロックチェーンの専門メディア「CoinPost」を運営。高校卒業後アメリカ、カナダへ4年間の留学を経験。2017年1月から仮想通貨関係の事業に携わり、同年7月より仮想通貨・ブロックチェーン専門メディアCoinPostを立ち上げ編集長となる。国内外の仮想通貨、ブロックチェーン界隈の著名人との数々のインタビューなどを軸に、仮想通貨・ブロックチェーンの情報をより早く正確な情報として届ける運営体制に力を入れている。

CoinPost:https://coinpost.jp/

Twitterアカウント:@coinpost_kagami

▼講師プロフィール

設楽悠介 (しだら ゆうすけ)氏
株式会社幻冬舎「あたらしい経済」編集長 / コンテンツビジネス局 局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」ボードメンバー。テレビ「スポットライト」RKB毎日放送、ラジオ「テンカイズ」(TBSラジオ)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書『畳み人という選択』(プレジデント社)。

あたらしい経済:https://www.neweconomy.jp/

Twitterアカウント:@ysksdr


1/25セミナーのお申し込みはこちらから

▼主催企業

株式会社CoinPost
事業内容:仮想通貨・ブロックチェーンに特化したオンラインニュースメディア運営
URL:https://coinpost.jp/
代表者:代表取締役CEO 各務 貴仁
本社:東京都荒川区東日暮里3−27−5 BHビル7階

関連:CoinPost主催のWeb3大型カンファレンス「WebX」、東京国際フォーラムで開催

申し込みフォーム

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/19 金曜日
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。
09:55
ビットゴーがビットコインL2・仮想通貨「Stacks」と提携 sBTCも取扱い予定
ビットコインのレイヤー2Stacks(STX)は大手仮想通貨カストディ企業BitGOと提携。BitGOはStacksのトークンなどを取り扱う。
08:00
中国テンセントなど、ブロックチェーンデータ企業「チェーンベース」に23億円出資
チェーンベースは、大手テンセント・インベストメント・グループとマトリックス・パートナーズ中国が共同主導するシリーズAラウンドで1,500万ドル(23億円)を調達した。
07:40
WazirXの仮想通貨の盗難被害、北朝鮮が関与か
シバイヌトークンやイーサリアムなど200種類以上の仮想通貨360億円超相当が、インド大手取引所WazirXから盗まれた。同社は初期調査の結果を公表している。
07:00
マウントゴックスの債権者の一部はビットコイン保有を選択か=Redditの世論調査で
マウントゴックスの受託者アドレスの現在の残高は47,228 BTCのビットコインで、4,740億円に相当する。まだ大部分の仮想通貨BTCは債権者の元へ返されていない状況だ。
06:30
トランプ氏、ビットコイン会議で1席当たり1.3億円調達予定
米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏は、来週開催されるビットコイン会議「ビットコイン2024」の参加者に対し、円卓会議に参加するために84万4600ドルを支払うよう求めている
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア