CoinPostで今最も読まれています

Sorare、サッカー最高峰「英プレミアリーグ」と複数年パートナーシップ締結

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Sorareがプレミアリーグと提携

大手ブロックチェーンゲーム会社Sorare(ソラーレ)は30日、サッカーの世界4大リーグの一つ「イングランド・プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。

Sorareは、サッカーのプロ選手をフィーチャーしたイーサリアム(ETH)チェーン基盤のファンタジースポーツ(シュミレーション)ゲームを提供する企業。

今回のライセンス契約により、ユーザーはリアルタイムの選手情報が反映されたデジタルカードをNFT(非代替トークン)として所有し、カード所有者同士で競い合うトーナメントに参加できる。ゲーム内では暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)やコレクタブルトークンを獲得可能。

本提携により、Sorareユーザーは、プレミアリーグ20クラブの全選手のデジタルカードを収集・売買して、独自のチームに組み込むことが可能になった。イングランド1部ブライトンに所属する日本代表MF三笘薫選手や、アーセナルに所属する日本代表DF冨安健洋選手などもデジタルカードとして登場している。

Sky Newsは22年10月、年間約51億円(約3,470万ドル)の契約見込みと報じていたが、Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開とした。

関連:Coincheck NFT、ファンタジーフットボールゲーム「Sorare」取り扱いへ

Sorareのユーザー規模

SorareのNFTは、コインチェック株式会社が運営するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」でも売買可能だが、無料プレイにも対応している。CNBCに対しSorareのNicolas Julia CEOが語ったところによると、Sorareユーザーの87%は無料プレイを楽しんでいる。

昨年11月に18か国のサッカーナショナルチームとの提携で開催された「Sorare: Global Cup 22」だけで、608,000以上のアカウントが参加した。

一方で、Sorareはサッカー以外のスポーツチームとも提携を進めている。22年9月には、米ナショナルバスケットボール協会(NBA)とも公式NFTパートナーとしての複数年契約を締結。2022-23年シーズンにかけてNBA版のSorare NFTゲームをリリースしている。

関連:米NBA、Sorareの公式NFTパートナーシップ締結

Sorareは21年9月、ソフトバンクなどが主導する資金調達ラウンドで約750億円(6.8億ドル)を集めている。

関連:ソフトバンク主導でサッカーNFTゲーム「Sorare」に出資、750億円規模のシリーズBで

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/21 火曜日
12:50
ポリゴンとImmutable、ゲーム特化型ネットワーク「Immutable zkEVM」を発表
仮想通貨イーサリアムのL2スケーリングソリューションを構築する2つのプロジェクト、PolygonとImmutableがゲーム専用ネットワークを構築する計画を発表した。PolygonzkEVMとImmutableのゲーム開発ツールを組み合わせた「Immutable zkEVM」をリリースする。
12:47
「Aavegotchi」開発企業、39億円相当を資金調達
メタバースゲーム「Aavegotchi」を開発するPixelcraft Studiosは、複数年に渡るトークンセールにより約39億円を資金調達したと発表。資金はゲーム開発やマーケティングなどに充てる計画だ。
12:30
香港財務長官、Web3と仮想通貨の育成方針示す
香港の金融サービス・財務長官は、ビットコインなど仮想通貨とWeb3を育成する政策の進捗状況について報告した。ライセンス制度やステーブルコイン規制の整備についても話している。
11:55
「Microsoft Edge」、仮想通貨ウォレットをテストか
Webブラウザー「Microsoft Edge」に仮想通貨ウォレットを実装する目的で、IT大手MicrosoftがWeb3開発会社onsenSysと協業しているとの報道が出ている。テスト環境と見られるスクリーンショットでは、イーサリアムやステーブルコインのスワップ機能や購入画面が示されている。
03/20 月曜日
20:00
バイナンス、Arbitrum(ARB)上場予定
仮想通貨取引所大手バイナンスは、イーサリアム(ETH)のL2「Arbitrum(アービトラム・ARB)」の新規上場予定を決定した。
14:47
DeFi情報サイト「DefiLlama」で内紛か プラットフォーム分岐へ
DeFi分析プラットフォーム「DefiLlama」の開発者は、新たに別のプラットフォームを立ち上げると発表した。トークン発行などをめぐり、同社の中で争いが起きている模様だ。
14:43
元コインベースCTOが米ドルのハイパーインフレに警鐘、ビットコイン100万ドル到達に賭ける
米大手仮想通貨取引所コインベースの元最高技術責任者のBalaji Srinvasan氏は、米国でハイパーインフレが起こる可能性を警告し、ビットコインが今後3ヶ月で1億3000万円に達するという信じ難い賭けを提示した。
12:47
ビットコイン一時28000ドル台に、世界的な金融不安受けゴールドも高騰
スイス投資銀大手UBSによるクレディ・スイスの巨額買収合意が伝わり、暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが28000ドル台前半まで続伸した。世界的な金融不安を受け、金(ゴールド)価格も高騰している。
10:20
スイス投資銀大手UBS、4200億円でクレディ・スイスの買収合意へ
投資銀行大手UBSは、クレディ・スイスを約4,300億円で買収することに合意したと発表した。また、米国の仮想通貨企業は新たな銀行パートナーとしてスイスの金融機関に接触していると伝えられる。
09:00
「GM Radio」 次回はデータの資産化を目指す「Ocean Protocol」が参加
グローバル版CoinPostによる第14回GM Radioは、3月22日の21:00からツイッタースペースで配信予定。ゲストにデータの資産化を目指すOcean Protocolを招待する。
03/19 日曜日
11:30
米銀救済でビットコイン反転上昇、インフレ高止まりには不透明感も
国内大手取引所bitbankのアナリストが、米大手シリコンバレー銀行破綻の金融危機懸念から反転上昇した今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米欧の金融不安に注目集まる
今週は、クレディ・スイスの経営不安に関するニュースが最も多く読まれた。このほか、OpenAIがGPT-4をリリースして仮想通貨のAI関連銘柄が全面高になったことなど、一週間分の情報をお届けする。
03/18 土曜日
13:55
ビットコイン・レイヤー2「Stacks」、年初来で約6倍に高騰
ビットコインにスマートコントラクトレイヤーを提供する「Stacks」の資産価格が急騰している。23年にビットコインのユースケースが見直される中、DeFiのプラットフォームとして利用されるStacksも注目を集めている。
13:00
中国大手建設機械XCMG、メタバースに進出 BAYCのNFTを活用へ
中国の大手建設機械グループXCMGはメタバースやWeb3の分野に進出することを発表。BAYCのNFTを活用し、独自のNFTコレクションもリリースする計画だ。
12:00
BlockSec、NFTレンディングParaspaceから2,900 ETHの盗難を阻止
セキュリティ企業BlockSecは、NFTレンディング「Paraspace」へのハッキングを先回りすることで、2,900 ETH(6.59億円)が悪意のあるアクターに渡る事態を防いだことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア