米NBA、Sorareの公式NFTパートナーシップ締結 今秋NFT基盤のファンタジーバスケゲームを提供へ

NBAと提携

米プロスポーツ大手のNBA(ナショナルバスケットボール協会)および選手会(NBAPA)は7日、Sorareと公式NFT(非代替性トークン)パートナーとして複数年契約を締結したことを発表した。

初の公式ライセンスを得たデジタルコレクタブル基盤のファンタジー・バスケットボールゲームを今シーズン(2022-23シーズン)中に提供する。

今秋のローンチを予定しているゲームをNFT化したデジタルコレクタブルを採用。ゲームでは現実のNBA選手の実際の成績を反映させる。

また、公式パートナーとしてSorareはNBAリーグおよびチームのロゴをゲーム内で活用可能となる。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

関連:NFT(非代替性トークン)とは|主な特徴と将来性を解説

ファンタジースポーツは現実世界のスポーツ選手を編成して独自のチームを構成するゲーム。米国を中心にNBAやNFL、MLBなどの4大スポーツで普及している。

SorareがNBAと連携して提供するファンタジーバスケットボールゲームは今秋ローンチ予定。サインアップはすでに開始している。

Sorareとは

Sorareはプロスポーツ選手のNFT化したデジタルカードを取引するブロックチェーンゲーム。すでに185ヵ国で200万人のユーザーにゲーム体験を提供しており、国内では大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックのNFTマーケットプレイスで取り扱っている。

これまでは欧州のサッカーリーグを中心にファンタジーフットボールリーグにおける普及を進めてきたが、NBAとの提携は米国のプロスポーツリーグとの連携では3例目だ。

関連:Coincheck NFT、「Sorare」取り扱い開始

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します