開発が活発に行われている仮想通貨プロジェクトTOP10:エイダコイン(ADA)トロン(TRX)他

仮想通貨プロジェクトを貢献度順にランク付け
仮想通貨プロジェクトの期待値を表す指標の一つとして挙げられるのがGithub上の貢献度。今回は貢献度が高い仮想通貨をランキング順で紹介していく。

下げ相場が去る度、仮想通貨業界はより強化されて行き、不正や詐欺を企むようなプロジェクトは徐々に排除されています。

投資家が下げ相場を生き延びるプロジェクトを見極める一つの方法は、GitHub上でプロジェクトの貢献度を見ることです。

貢献度はプロジェクトの貢献度や活発度は相場の動きと関係ない為、そのプロジェクトの開発を進めているかを示す良いインジケーターとなります。

今回は10位から順にどの仮想通貨プロジェクトの開発が活発なのか、CryptoMiso というGithubの活発度を掲載しているサイトを参考にし、ランキング形式で見ていきます。

過去3ヶ月間のGithub上での開発活発度トップ10

10位:Cardano (ADA)|749 commits、84人の貢献者

ADAは、Cardano(カルダノ)というオンラインカジノプラットフォームで用いられる仮想通貨。

Cardanoはその性能のポテンシャルの高さから、現在ではより汎用性の高いブロックチェーンプラットフォームとしての開発を進めることが発表されている。

Cardanoでは、独自のスマートコントラクトPlutusを取り入れており、これはイーサリアムに匹敵する性能を持つと言われている。

9位:Gulden (NLG)|887 commits、100人以上の貢献者

Guldenは、セキュリティ保護されたブロックチェーンプラットフォームで、日常的な買い物や銀行振り込みに使用することが可能。

ユーザーは、Guldenをウォレットに保有しておくと、全ての加盟店舗での買い物に使用することができる。

2014年代から存在している、老舗仮想通貨プロジェクト。

8位:Raiden Network Token (RDN)|1059 commits、52人の貢献者

Raiden Network Tokenは、イーサリアムのスケーラビリティ問題の解決を目的としたプロジェクト。

Raiden Networkが実装されると、低コストで高速な支払いが可能になり、様々な分野において利便性が高まるとされている。

Raiden Networkはビットコインのライトニングネットワークに似た仕組みを持っている。

7位:XMax (XMX)|1061 commits、9人の貢献者

XMAXは、”メインチェーンと複数機能のサイドチェーン”を備えたエンターテイメント中心のブロックチェーンエコシステム。

エンターテインメント用のDAPPsの開発プロセスを可能にするSDKを提供している。

XMAXは、様々なマルチメディアライブラリを提供し、効率的にゲームエンジンを統合することで、デジタルアイテムをブロックチェーン上に置きやすくする。

6位:Zeusshield (ZSC)|1149 commits、7人の貢献者

Zeusshieldとは、人工知能技術を用いたP2P保険プラットフォームを構築するプロジェクト。

今後の予定で、このプラットフォームは保険会社と被保険者の両方にサービスを提供し、多様な保険エコシステムを作る。

Zeusshieldシステムは分散型保険仲介プラットフォームとして認知され、ユーザーへの保険ソリューションを提供が可能で、運用コストを削減する。

5位:TRON (TRX)|1173 commits、64人の貢献者

TRONとは、あらゆるデジタルコンテンツの共有プラットフォーム、TRONで発行される通貨。

ブロックチェーンを用いることで、絵やゲーム、動画などが著作権を記録しつつ公開でき、良いコンテンツに対して報酬が支払われる仕組みとなっている。

開発者の発言で大きく価格が変動するといった不安定さもあるが、大規模なサービスとの提携が進むなどの好材料も。

4位:Aelf (ELF)|1345 commits、22人の貢献者

利便性・拡張性の高さに特化したブロックチェーンプラットフォームaelfで発行される通貨。

特徴として、サイドチェーンにBTCやETHなどのブロックチェーンと互換性を持たせて、処理を代わりに行うことや、承認アルゴリズムDPoS(Delegated Proof of Stake、仮想通貨保有者の中から、取引承認を行う人を投票で選ぶ仕組み)採用していることなどが挙げられる。

また、ICOによる資金調達を行なっておらず、複数の中国企業からの出資で成り立っている特殊なケースだ。

3位:Republic Protocol (REN)|1360 commits、7人の貢献者

シンガポールのRepublic Protocolは、仮想通貨ヘッジファンドから3万5000 ETH(時価約36億円)を調達したプロジェクト。

Republic Protocolは、クロスチェーンでのアトミックスワップを行う非中央集権型のダークプールの仮想通貨取引所。

今後アトミックスワップによりさらに多くのチェーンをサポートする予定とのこと。

2位:RChain (RHOC)|1469 commits、41人の貢献者

RChainはイーサリアム上で発行されるERC20トークンの内の一つで、分散型アプリケーション(dApps)を動かすためのプラットフォーム。

公式では、産業規模で使えるブロックチェーンソリューションを目指しために、Facebookの規模でのコンテンツ配信、またVisaのスピードでトランザクションを処理する必要性がある、と述べられて、その目標に向けて開発を進めている。

独自のプログラミング言語「Rholang」、中核システムであるRhoVMが特徴で、スマートコントラクト機能も有している。

1位:0x (ZRX)|1949 commits、29人の貢献者

0x(ゼロエックス)は分散型取引所のプロジェクト。

通貨はイーサリアムブロックチェーン上で発行されたトークンを手軽に交換することを可能にするための仮想通貨。

コインチェックなどの中央集権型取引所のハッキング事件が起きる度に、分散型取引所プロジェクトは注目度を高めている。

CoinPostの関連記事

中国が第4回「ブロックチェーン格付け」を発表 | 仮想通貨ビットコインは16位から大幅躍進
中国の行政機関は5月、世界中のブロックチェーン専門家が技術的に評価する「国際パブリックチェーン技術評価指標」を公表、大きな反響を呼んだ。最新ランキングの総合評価では、EOSが3ヶ月連続の1位に。ICOプラットフォームの機能も備わるKomodo(KMD)が前回の10位から3位に。BTCは前回の16位から10位に上昇した。
仮想通貨開発格付けDPレーティング|同率1位にETH、EOS、LISKなど7プロジェクト
調査格付け機関DPレーティング社が、仮想通貨のトークン開発活動監査の最新レポートを発表。イーサリアム、イオス、カルダノ、トロン、リスク等が、同率首位の評価を獲得した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加