CoinPostで今最も読まれています

イーサリアムが「スマートアカウント」を実装、ウォレットのユーザビリティ向上に期待

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ETHで「スマートアカウント」を実装

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のブロックチェーンに、ERC-4337「アカウント抽象化」が実装されたことが2日に明らかになった。これにより、従来のユーザーウォレットでサブスクリプションやゲームでの支払い自動化など、プログラムベースの支払い手段が構築可能になる。

アカウント抽象化とは通称「スマートアカウント」とも呼ばれ、ユーザーがアカウントでスマートコントラクトを使用可能にするブロックチェーン技術。

EIP-4337はアカウント抽象化に対するイーサリアム標準であり、今回の発表を受けて開発者は本標準に基づいてアプリケーション構築を開始できるようになった。

スマートアカウントで可能なユースケースには、二要素認証、ERC20を用いたガス代の支払い、スマートフォンでのトランザクションへの署名、アカウントの毎月の支出制限の設定、ブロックチェーンゲームをプレイするためのセッションキーを作成してトランザクションの毎回承認を不要にする、紛失したウォレットのソーシャルリカバリー、ガス代の肩代わり、などが想定される。

ERC-4337は、イーサリアム(ETH)創設者のヴィタリック・ブテリン氏が2015年に発表したコンセプトに基づいたもの。

メタマスク等の仮想通貨ウォレットではユーザーが秘密鍵を管理しているため、通常では各取引でブロックチェーン上で支払いを開始するためにユーザーの操作が必要だった。今後はアカウント抽象化の仕組みを応用して、ウォレット経由の支払いを自動化することができる。

これまでArgent WalletやStarkware社が個別にアカウント抽象化を導入してきたが、より広範なエコシステムに関わる環境での実装は初めてとなる。

イーサリアム財団のセキュリティリサーチャーであるYoav Weiss氏は、ERC-4337の実装により仮想通貨ユーザーのユーザビリティが劇的に向上すると主張。新規ユーザーは仮想通貨ウォレット作成に必要な複雑なシードフレーズや、ウォレットを設定する技術的方法について学習する必要はなくなるとWeiss氏は語っている。

次の10億人のユーザーは、紙にリカバリーフレーズ12語をメモする必要がなくなるため、使いやすさが向上することになる。もはや秘密鍵について考える必要はない。

関連:米決済大手Visa、デジタルウォレットの自動支払いを提案

ウォレットのソーシャルリカバリー

アカウント抽象化の利点の一つとして、仮想通貨ウォレットに使用される秘密鍵をスマートフォンセキュリティモジュールに格納できるようになる点がある。これにより、ウォレット利用時の2要素認証の使用が可能になり、指紋やフェイススキャンでトランザクションに署名できる。

また、デバイスを紛失したとしても、信頼できる友人のグループや商用サービスを介して、アカウントの復元が可能になる。

ERC-4337は、バンドラーと呼ばれる分散型インフラストラクチャを利用する。バンドラーはマイナーやバリデーターのような検証者の役割を担い、専用のmempoolからユーザーのオペレーションキュー(指示)を取得し、必要な結果をウォレットに返す。

ウォレットおよびインフラストラクチャプロバイダーであるStackupは、イーサリアムメインネットの最初のバンドラーとして機能する。加えて、アカウント抽象化に適したアプリケーション構築に使用できるオープンソースツール群を提供する。Alchemyなど他のWeb3開発インフラのプロバイダーもバンドラーに参画する予定だ。

ERC-4337のスマートコントラクト(EntryPoint)はOpen Zeppelinによる監査を通過して実装された。当コントラクトはすべてのイーサリアム仮想マシン(EVM)互換チェーンで使用可能。主要なEVM互換チェーンには、ポリゴン(MATIC)、オプティミズム(OP)、アービトラム、BNB、アバランチ(AVAX)などが含まれる。

Stackupの共同創設者John Rising氏は、最初にポリゴン上で関連アプリケーションをリリースする計画を表明している。

関連:ヴィタリック氏、イーサリアムのロードマップを更新

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 金曜日
18:39
ビットコインETFへの資金流入予測、金ETF事例や経済環境から算出
ビットコイン現物ETFが承認された場合の資金流入見込みに関してVanEck社が予測レポートを出した。米経済の景気後退予測や金ETFの事例、過去の金融経済動向を基に、暗号資産(仮想通貨)市場の新たな潮流を探る。
18:25
来年11月までにビットコインの過去最高値を予測、上昇要因に半減期や米大統領選|VanEckレポート
仮想通貨ビットコインが2024年11月に過去最高値を記録するとの予測。半減期と米大統領選が影響。VanEckによる予測と市場サイクルの分析内容を解説。
14:26
米大手ベンチャーキャピタルa16z、「2024年に期待する9つの仮想通貨トレンド」を発表
米大手VCアンドリーセン・ホロウィッツは、2024年に仮想通貨領域で期待されるトレンドのリストを発表。分散化、人工知能(AI)、顧客体験の向上などの9項目に言及した。
12:30
米下院エネルギー委員会、ブロックチェーン促進法案を可決
米国の下院エネルギー・商業委員会は、ブロックチェーン技術や分散型台帳技術を促進する法案を可決した。米国の競争力強化が期待される法案となる。
12:23
ビットコイン上昇一服、主要アルトはイーサリアム前日比5.6%高、ソラナ(SOL)12.1%高に
暗号資産(仮想通貨)市場では高騰していたビットコインが一服し、アルトコイン相場ではイーサリアムが上昇した。ソラナ(SOL)エコシステムではエアドロップされたJito Networkのガバナンストークン「JTO」が高騰するなど反響を呼んだ。
11:45
サム・アルトマン支援のMeanwhile Group、1億ドルのビットコイン運用ファンドをローンチ
Meanwhile Advisorsが仮想通貨ビットコインに焦点を当てたプライベートクレジットファンドを立ち上げ。BTCで5%の利回りを提供し、2024年第1四半期までに1億ドル調達の計画。OpenAIのサム・アルトマンが支援するMeanwhile GroupはBTCベースの生命保険ビジネスも展開。
11:00
ブロック社、BTCのセルフカストディウォレットをローンチ
米ブロック社は、仮想通貨ビットコインのセルフカストディウォレットBitkeyをローンチ。ウォレットの特徴や仕組み、出荷時期などが明らかになった。
10:40
ソラナDeFi「Kamino Finance」、将来エアドロップ向けのポイントシステムを開始予定
仮想通貨PYTHやJTOなどソラナプロジェクトの無料配布が注目を浴びる中、ソラナDeFi「Kamino Finance」は将来のエアドロップに向けてポイント制システムを導入すると発表した。
10:15
バイナンス、UAEアブダビでの投資ファンドライセンス申請取り下げ
大手仮想通貨取引所バイナンスは、UAEアブダビにおける投資ファンドのライセンス申請を取り下げた。グローバル戦略見直しの一環とみられる。
08:25
米国株AI銘柄上昇 日銀総裁発言で円高進む
米国株は来年の米利下げへの行き過ぎた期待との指摘が散見される中、AI関連株ではグーグルのGemini発表や、AMDの新たなAIチップ発表などがAI相場上昇への追い風となった。
07:50
仮想通貨Jito(JTO)、バイナンスやBybitにも上場 価格高騰
ソラナの大手リキッドステーキングJitoのガバナンストークン「JTO」は昨夜、仮想通貨取引所大手コンベースやバイナンス、Bybitに上場し価格が暴騰していた。
07:40
Uphold、補助型のセルフカストディウォレット提供へ
Web3金融プラットフォームUpholdは、補助型のセルフカストディウォレットをローンチ。まずは仮想通貨XRPに対応し、今後はビットコインなどにサポートを拡大する。
07:05
SECのビットコインETF審査 最終段階か=ロイター報道
米証券取引委員会(SEC)と申請企業の間で重要な技術的な詳細について協議が進んでおり、近く仮想通貨現物ビットコインETFを承認する可能性があることが示唆された。
12/07 木曜日
17:00
「Beyond The Price」、未公開内容や過去のまとめを配信
第11回のGM Radio:Beyond The Priceは2日に公開。仮想通貨ビットコインなどについて過去の配信をまとめ、未公開の内容も追加した。
15:00
「ビットコインETF承認は機関投資家を後押しする決定打となる」米ARKのウッドCEO
米ヘッジファンドARK Investのキャシー・ウッドCEOは、米証券取引委員会によるビットコイン現物ETFの承認は、仮想通貨投資を検討している機関投資家に対し、「確定的なお墨付き」を与える可能性があると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/12/08 12:00 ~ 13:00
その他 オンライン
2023/12/12 14:00 ~ 16:00
その他 オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧