CoinPostで今最も読まれています

米決済大手Visa、デジタルウォレットの自動支払いを提案

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ウォレットからの定期支払いを可能に

米決済大手Visaは20日、ブロックチェーンを利用した定期的な自動支払メカニズムを提案するブログ記事を発表した。

例えば人々は、毎月、公共料金や定期購入などの代金を支払うために、自動支払いを使っている。Visaは、こうした支払いをブロックチェーン技術によって実施したり、改善することを探っている形だ。

具体的には、Visaの研究チームは、セルフカストディ(自己管理)型ウォレット用のスマートコントラクト・アプリケーションのプログラム方法を提示している。これを用いれば、ユーザーはセルフカストディ型ウォレットから、別のアカウントに、定期的に自動で送金できるようになる、

セルフカストディ型のウォレットとは

取引所などではなく、自分で秘密鍵を管理して資産を保有するために使用するウォレットのこと。「自己ホスト型」や「自己管理型」などと呼ばれることもある。

▶️仮想通貨用語集

StarkNetでテストを実施

この仕組みを築く上で、Visaのチームは「Account Abstraction(AA:アカウント抽象化)」というコンセプトを土台にしている。これは、イーサリアム(ETH)創設者のヴィタリック・ブテリン氏が2015年に発表したものだ。

セルフカストディ型ウォレットでは、ユーザーが秘密鍵を管理しているため、通常では各取引で、ブロックチェーン上で支払いを開始するためにユーザーの操作が必要である。「アカウント抽象化(AA)」の仕組みを応用すれば、こうした支払いを自動化することができる。

研究チームは、既にAAをサポートしているイーサリアムのL2ネットワーク「StarkNet」を使ってこの自動支払いアプリケーションを構築したと説明した。

関連イーサリアムL2「StarkNet」、トークン(STRK)がメインネット公開

レイヤー2(L2)とは

「2層目」のブロックチェーンのこと。全ての取引履歴をメインチェーンに書き込むと負荷が大きくなり、処理速度の低下やネットワーク手数料の高騰につながる。そこで、取引履歴の一部をオフチェーンやサイドチェーンに記載するようにすることでメインチェーンへの負荷軽減や処理速度向上を期待することができる。

▶️仮想通貨用語集

Visaのプロトコル責任者であるCatherine Gu氏は、次のように説明した。

自動決済は、既存のブロックチェーンインフラに欠けている核心的な機能の1つだ。今回紹介した方法を使えば、定期的な支払い以外でも、ブロックチェーンで様々な実世界での導入事例を実現できる。

Visaの目標は、既存のものに加えて新しい決済レールを活用した、より良いユーザー体験の創造を促進することだ。

Web3に積極姿勢

Visaは、暗号資産(仮想通貨)決済可能なカードの発行など仮想通貨分野を始め、多くのWeb3領域へと乗り出しているところだ。

10月には、仮想通貨やNFTを扱えるデジタルウォレットやメタバースを念頭に置いた商標登録を申請している。3月には、アーティスト向けのNFT支援プログラムを開始。ミュージシャンやデザイナーなどクリエイターがNFTプロジェクトを始める上での成長機会を提供していく。

関連Visa、NFTやメタバースに関連する商標登録を申請

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/14 金曜日
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。
10:15
米バイデン大統領、ビットコインETF反対派のSEC委員の留任を希望
米バイデン大統領は、SECのクレンショー委員の留任を希望。クレンショー氏は、仮想通貨ビットコインの現物ETF承認の際に反対票を投じていた委員である。
09:40
コインベース、NOTコインなど2銘柄の永久先物提供
米仮想通貨取引所大手コインベースデリバティブは14日、2つの銘柄のパーペチュアル先物取引を新たに提供すると発表した。
08:45
1300億円調達成功、仮想通貨VCパラダイムの第三ファンド
暗号資産ベンチャーキャピタル大手Paradigm(パラダイム)は新たに仮想通貨企業などへの投資に特化した第3のファンドで、8.5億ドルを調達したと発表した。2022年5月暴落以降の最大調達額となった。
08:15
ソラナやBONKで支払い、米Shopifyが100銘柄以上の仮想通貨決済に対応
昨年初めてローンチされたHelioのSolana Payプラグインは昨年から最初の6ヶ月間で200以上のShopify店舗に対して約5,000万ドルの取引を処理した。
07:35
「BTC価格の高さが市場への資金流入を抑制か」JPモルガン
ビットコイン価格の高さが仮想通貨市場への資金流入を抑制する可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。その理由を説明している。
07:12
a16z出資「Pirate Nation」の独自トークン、コインベースに新規上場
PIRATEトークンは、Web3基盤のゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンだ。Pirate Nationは無料でプレイできるRPGゲームで、その開発企業のProof of Playが昨年9月にa16z cryptoやAnchorage Digitalから約52億円を調達している。
06:15
米イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中に」、ゲンスラー委員長発言
SECは先月末、ブラックロックやフィデリティ、グレースケールなどを含む計8銘柄の上場ルールにおける「19b-4フォーム」を全て承認しているが、実際のETF商品に関するS-1の登録書類についてはまだ承認していない。
05:50
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増し目的で約800億円資金調達へ
米マイクロストラテジーは13日、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを買い増しするために、約800億円(5億ドル)の転換社債売却による資金調達の提案を公開した。
06/13 木曜日
19:00
イーサリアムの買い方、取引所選びの完全ガイド
米国初のビットコインETF承認の影響でBTC価格が過去最高値を更新し、仮想通貨投資による資産運用の注目度が急上昇しています。本記事では初心者向けに高騰するイーサリアム(ETH)の買い方、アルトコイン投資のメリットやデメリット、リスクなどを解説しています。
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。
15:25
テラフォームラボ、米SECと44億7000万ドルの和解へ
暗号資産(仮想通貨)開発会社テラフォームラボは、2022年に崩壊したアルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」に関する詐欺行為で米SECと44億7000万ドルの和解に達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア