CoinPostで今最も読まれています

バイデン米大統領、銀行システムの安全性を強調

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SVB破綻を受けて演説

米バイデン大統領は13日、米国の銀行システムは安全だとする演説を行った。また、銀行に対する規制強化を求めていく方針だとも話している。

バイデン大統領は次のように述べた。

シリコンバレー銀行やシグネチャー銀行に預金していたすべての顧客は、今日から保護され、資金にアクセスできるようになるので安心してほしい。これらの銀行に預金していた全国の中小企業も、給与の支払いや請求書の支払いを行い、ビジネスを継続することができる。

これは、米国政府がシリコンバレー銀行(SVB)破綻を受けて臨時介入を行ったことが背景である。ジャネット・イエレン財務長官、ジェローム・パウエル連邦準備理事会(FRB)議長、マーティン・グルーンバーグ連邦預金保険公社(FDIC)委員長は12日の共同声明で、米国経済を保護するための行動を取るとした。

これにより、シリコンバレー銀行のすべての預金者がすべての資金にアクセスできるようになった。また、シリコンバレー銀行破綻の影響を受けて事業停止となった米シグネチャー銀行の預金者も同様の措置を受けられる。

関連バンク・オブ・ロンドンら、破綻したSVB英国法人の買収提案

バイデン大統領は今回の手続きは、銀行が預金保険基金に支払う手数料が原資となるため、納税者の負担になるようなことはないと改めて強調した。

また、シリコンバレー銀行とシグネチャー銀行の経営陣は解雇されること、これらの銀行への投資家は保護されないことを説明している。

「原因究明と規制強化が必要」

バイデン大統領は、原因究明が必要だとして、次のように続けた。

これらの銀行が、そもそも何故このような状況に陥ったのかという重要な疑問がある。何が起きたのか、誰が責任を負う必要があるのか、その全容を明らかにしなければならない。

また、「このような事態が再び起こるリスクを軽減しなければならない」としている。トランプ政権では、銀行に対する一部要件が緩められてしまっていたが、今後は、議会と当局に対して、銀行に対する規則強化を求めていくつもりだと話した。

シリコンバレー銀行は、10日に急増した資金流出に対応できなかったため、カリフォルニア州の規制当局によって閉鎖された。さらに12日には、ニューヨークの規制当局が預金者を保護するという理由でシグネチャー銀行を事業停止にしている。

仮想通貨業界への影響

両行は暗号資産(仮想通貨)業界とのつながりもあったため、複数企業が対応を迫られている。

米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、現在シリコンバレー銀行(SVB)に預けている現金を、大手のBNYメロン銀行へ移管する計画だと説明した。

関連米サークル社CEO、ステーブルコインUSDC準備金の安全性を強調

また、米大手仮想通貨取引所コインベースは、シグネチャー銀行の閉鎖により、現在は他の銀行パートナーを利用して、ユーザーの現金トランザクションを行なっていると述べた。

関連米シグネチャー銀が閉鎖、相次ぐ銀行破綻で仮想通貨業界への影響も

シグネチャー銀行は、仮想通貨業界向けにサービスを提供する主要銀行の1つだ。シグネチャー銀行の取締役会に所属するバーニー・フランク氏は、同銀の閉鎖は、規制当局が仮想通貨に反対していることを示唆するとの独自見解を示している。

SVBの破綻を受けて預金者から約1.3兆円の引き出しはあったが、同行の2022年12月31日現在の総資産は約14.6兆円あり、事業停止する必要性はなかったとも述べた。

これに対して、規制当局の担当者は、シグネチャー銀行は幅広い顧客を抱えているため、仮想通貨含め特定の業界が閉鎖の理由ではないと否定している。

関連シグネチャー銀行の取締役「米規制機関は仮想通貨に反対している」

ステーブルコインとは

価格が常に安定している(stable)仮想通貨を指す。ステーブルコインは暗号資産の一種で、BTCやETH、XRPなど変動性のある資産とは異なり、米ドルなどに裏付けられその価値($1)を保つことが目的だ。米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、アルゴリズムを利用するステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア