【速報】バイナンス500エラー問題、CEOがハッキングなど外部攻撃の可能性を事実上否定

仮想通貨大手取引所BinanceのCEO CZ氏が、同取引所に繋がりにくい状況や、サイトダウンが確認されたことに関してツイッターで公式声明を発表した。

昨日の速報でもお伝えした様に、日本時間9月3日14時15分辺りから取引所へのアクセスができないとの報告相次ぎ、約15分に及ぶサイトダウンが確認、その後も不調な状況は続き、本日もアクセスできない状況が確認されたことで、取引所への外部攻撃も懸念されていた。

Binance CZ氏のツイッターは以下の通りだ。

昨日の午後から本日午前にかけて断続的に起こっていた”500エラー“について、「キャッシング/シンクサーバーのクラスタに問題が見られ、ユーザーの残高と新しい板注文の表示が乱されていた。すでに問題は解決してあり、シンクに数分ほどかかりそうだ」

当時の500エラー状況

出典:Binance

その数分後、「すべて正常に復旧した」と報告した。

繋がりにくい状況はキャッシング/シンクサーバーのクラスタに問題があったとし、外部からの攻撃は事実上否定されたことになり、ユーザーの懸念を払拭した。。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

【速報】Binance約15分のサーバーダウンも、サイトは復旧|現時点での公式発表はなし
14時15分辺りから仮想通貨取引所であるBinanceにログイン出来ないといったユーザーからの報告相次ぎ、約15分に及ぶサイトダウンが確認されました。すでに現在ではサイトが復旧していますが、現時点での公式からの発表は一切ありません。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します