CoinPostで今最も読まれています

東京開催:アジア最大級のWeb3カンファレンス「WebX」、チケット販売開始 WebX公式ホームページを同時公開

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

WebXのチケット販売開始

国内最大手の暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーンメディア「CoinPost」を運営する株式会社CoinPostは、自社が企画・運営に関わるアジア最大級の国際Web3カンファレンス「WebX」のチケット販売が開始したことをお知らせいたします。

チケット購入はこちらから

WebXは、世界各国からWeb2・Web3の有望プロジェクトや企業、起業家、投資家、開発者等を集めたアジア最大級のWeb3カンファレンス。今回のチケット販売に合わせて、WebX公式ホームページを公開しました。

チケットは、以下の4種類を販売いたします。

  • Corporateチケット($3,500)
  • VIPチケット($2,000)
  • Generalチケット($150)
  • Studentチケット($80)

チケットの価格は、「より多くの方々にWebXに参加いただき、Web3に興味を持ってもらう」ために、海外カンファレンスのチケット価格より大幅に低価格に設定しております。WebX公式ホームページから購入が可能で、現在は割引販売を行なっておりますので、お早めにご購入ください。

チケットの説明

$2,000のVIPチケットは、先着100名限定。特典内容は以下の通りです。

  • 2日間カンファレンス参加
  • VIPラウンジ
  • Japan Web3 Night on Tokyo Bay(BBQパーティ)参加保証
  • 公式アフターパーティ(VIP・一般)
  • VIPタグ配布
  • スピーカーやVIPゲストとの交流
  • メインステージの最前列シート手配
  • 軽食、コーヒーの無料提供
  • ネットワーキング ドリンクレセプション利用

また、$150のGeneralチケットの特典は以下。Studentチケットは、学生がGeneralチケットをお安く購入できるようにするためのもので、特典はGeneralチケットと同じです。

  • 2日間カンファレンス参加
  • 第二部公式アフターパーティ at Raise

最後に$3,500のCorporateチケットですが、このチケットは、企業から複数人参加する場合に購入いただくチケットです。まとめてご購入いただくことで、価格が安くなっています。チケットの内容はVIPチケットが2枚、Generalチケットが3枚。特典は以下の通りです。

  • 月次Web3セミナー参加
  • 全7回のセミナーアーカイブ配信
  • Web3業界ビジネスレポート提供
  • WebX会場内外マッチングシステム提供

チケットに関するお問い合わせは、WebX公式ホームページから、もしくはinfo@webx-asia.com宛にご連絡ください。

WebXとは

WebXは上述した通り、世界からWeb2・Web3の有望プロジェクトや企業、起業家、投資家、開発者らを集めたアジア最大級のWeb3カンファレンスです。

来場者は、Web3分野のトッププロジェクトや創業者らを招いた公演(日本語同時通訳対応)、ネットワーキング機会、主要プロジェクトによる技術ワークショップ、Web3ハッカソン、様々な企業やプロジェクトの展示会、GameFiのゲームイベントにご参加いただけます。

カンファレンスの概要は以下の通りです。

  • 開催日:2023年7月25日(火)・26日(水)
  • 開催場所:東京国際フォーラム
  • 主催:一般社団法人WebX実行委員会
  • 運営 / 企画:株式会社CoinPost
  • 来場者数(見込):15,000人以上
  • 参加企業数(見込):2,000社以上
  • 出展企業数(見込):150社以上
  • メディアパートナー数(見込):100社以上

また、登壇スピーカーの方を一部ご紹介します(敬称略)。

  • 平将明(衆議院議員)
  • 廣末 紀之(ビットバンク株式会社 CEO)
  • 渡辺創太(Astar Network/Startale Labs CEO)
  • 加納裕三(株式会社bitFlyer Blockchain CEO)
  • 荒木英士(グリー株式会社 取締役・上級執行役員)
  • Jeremy Allaire(Circle Co-Founder, Chairman and CEO)
  • Takeshi Chino(Binance Japan CEO)
  • Samuel Yim(1inch Network Deputy GC & APAC Director)
  • Colin Wu(WuBlockchain Founder)
  • Ryan Zarick(LayerZero Labs CTO)
  • Charles d’Haussy(dYdX Foundation CEO)
  • Salman Banaei(Uniswap Labs Global Head of Policy)
  • Emi Yoshikawa(Ripple VP, Strategy & Operations)

続けて、スポンサー企業を一部ご紹介いたします。以下以外にも多数の企業様に参加いただいております。詳細は公式ホームページよりご確認ください。

  • ビットバンク株式会社
  • NEROCHAIN PTE. LTD.
  • SBIホールディングス株式会社
  • chiliz
  • Ripple

なお、WebXの他にも、チケット購入者限定のサイドイベントを複数実施予定です。詳細は公式ホームページからご覧いただけますが、開催予定のイベントをご紹介いたします。

  • Japan Web3 Night on Tokyo Bay(BBQ Party)(2023年7月24日17:30~21:00)
  • WebX VVIP Party(限定ディナー)(2023年7月25日17:30~20:00)
  • WebX VVIP Party(ビュッフェ)(2023年7月25日20:00~22:30)
  • WebX VIP Party(2023年7月26日18:30~21:00)
  • WebX After Party(2023年7月26日21:00~3:00)
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア